こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

一十三十一、Dorianプロデュースによる約2年振りのフル・アルバム『ECSTASY』

全曲の作曲とプロデュースはDorianが担当。約2年振りとなるフル・アルバムが7月19日発売
(2017/07/06)

J-Pop

かせきさいだぁ、5年振り5枚目のオリジナル・アルバム『ONIGIRI UNIVERSITY』8月2日発売

5年ぶり通算5枚目のオリジナル・アルバム。今作ではなんと大学を設立?架空の大学、オニギリ・ユニバーシティとは?
(2017/07/07)

J-Pop

ナツ・サマー、〈トロピカル・シティポップ〉へと進化を遂げた新たな夏のマスターピース『Hello, future day』

クニモンド瀧口(流線形)全面プロデュースによるあまく危険なファースト・フル・アルバムがついに完成!
(2017/06/19)

J-Pop

韓国のロック・バンド=HYUKOHのファースト・フル・アルバム日本ライセンス盤

2016年、〈サマーソニック2016〉東京・大阪出演、秋には東京・大阪単独来日公演も成功させた韓国のロックバンド=HYUKOH(ヒョゴ)のファースト・フル・アルバム日本ライセンス盤の発売が決定!
(2017/06/06)

ロック/ポップス

Nulbarich、唯一無二のグルーヴを生み出すバンドの最新EPが5月24日発売

日本音楽シーンに旋風を巻き起こす、ソウル、アシッドジャズなどをマナーに唯一無二のグルーヴを奏でるポップ・ロック・バンドNulbarichによる待望のファーストEP
(2017/04/25)

J-Pop

Nao Kawamura、デビューEP『Cue』1月25日発売

Suchmos、SANABAGUN.、WONKらをサポート、共演する女性シンガーNao Kawamuraのデビュー作。ネオソウルやジャズのエッセンス、ヒップホップを基盤とした6曲を収録
(2017/01/17)

J-Pop

Awesome City Club、4枚目のアルバム『Awesome City Tracks 4』

2015年にデビューし、2年目にして早くも4枚目となるアルバムが完成。盛り上がるネオシティポップシーンの代表格的な存在になりつつある彼らの、最新のサウンドが、ココに
(2017/01/17)

Suchmos、各方面で注目を集めるバンドのセカンド・アルバム『THE KIDS』1月25日発売

まだ誰も知らないSuchmos。ストリートの殻を破り洗練されたNEW AGE。6 人の点(IN) - 線(OUT)に繋がった、間違いなくジャンルレスな挑戦作『THE KIDS』完成。
(2016/12/10)

J-Pop

土岐麻子による、2017年シティー・ポップの決定盤発売

前作「Bittersweet」以来、約1年半振りとなるオリジナル・ニューアルバム。常に“街の人の音楽”を作り続けてきた土岐麻子が、今、現代版シティ・ポップを定義する
(2016/11/14)

J-Pop

次世代のシティ・ポップ鍵盤トリオ、Omoinotake初の全国発売アルバム『So far』

<RO69JACK 2016>で見事入賞。アーバンなサウンド、ブラック&ドープなグルーヴ、耳の早いリスナーから注目を集める次世代のポップミュージックシーンを牽引するトリオ
(2016/11/10)

J-Pop

cero、ニューヨーク録音のニューシングル『街の報せ』12月7日発売

メンバーそれぞれのコンポーザーとしての才能も遺憾無く発揮されたニューシングル。初の日比谷野外音楽堂でのワンマンライヴを収録したBRD/DVD『Outdoors』も同時発売
(2016/12/06)

J-Pop

cero、日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴがBD&DVD化

今年5月に行われたcero初となる日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴ「Outdoors」がDVD&初のブルーレイ作品として発売決定
(2016/10/21)

J-Pop

あらゆる場所をダンスフロアに変えるHealthy Dynamite Club、セカンドEP

2015年11月2日「初ライブ初ワンマン 超☆爆誕祭」よりちょうど1年、ライヴで磨き上げられた名曲が詰まったセカンドEP『LOVE EP』が発売
(2016/10/15)

J-Pop

10年代随一のポップ・マエストロ、スカートの初シングル

渋谷WWWでのワンマンライブのラストで披露され、その瞬間客席を大いに沸かせ、スタッフ一同「この曲はシングルカットだろ!」と興奮させ、発売が期待されたのが今回のタイトル曲“静かな夜がいい”収録シングル
(2016/10/06)

J-Pop

シャムキャッツ、新EPはライヴ音源も収録したボリューム満点のお買い得盤

シングル「マイガール」に続く本作には、新曲5曲の他、ボーナストラックとして9月に開催した“『マイガール』レコ発ワンマン公演「ワン、ツー、スリー、フォー」”(9/17@東京・吉祥寺STAR PINE’S CAFE)のライヴ音源も収録
(2016/10/06)

J-Pop

韓国の4人組ロック・バンド〈hyukoh〉の日本デビューが決定

瞬く間に韓国のロック・シーンの代表グループとなったヒョゴ 秋には韓国でニュー・アルバムをリリース!そのタイミングにあわせ、日本では過去2作品『20』『22』のライセンス日本盤を発売!
(2016/11/08)

ロック/ポップス

ポップ・ロック・バンド“グルーヴィスタ” ナルバリッチのファースト・アルバム

心地良いソウルミュージックの“I Bet We'll Be Beautiful”、サーフ系バラード“Everybody Knows”など、日本人とは思えないグルーヴを是非一聴して頂きたい
(2016/09/17)

J-Pop

I Don't Like Mondays.1年2ヶ月振りとなるフルアルバム『FASHION』

シングル曲“Girlfriend”“Sorry”“TONIGHT”“LIFE”を含む全13曲収録。、ファンク・ディスコ・80'sポップス等のダンスフレーバー満載のアルバム
(2016/09/06)

J-Pop

bonobos、活動15周年となる2016年、2年振りとなるアルバム『23区』

彼らの新たなる代表作として輝くことであろう。シティポップに魔法をかけたような煌きの“Cruisin' Cruisin'”や夏のアーバンソウル“Late Summer Dawn”など珠玉の11曲
(2016/08/31)

J-Pop

冨田ラボの新作にコムアイ、藤原さくら、堀込高樹らが参加

冨田恵一によるセルフ・プロジェクト冨田ラボが5枚目のオリジナル・アルバム『SUPERFINE』を11月30日発売
(2016/08/31)

J-Pop

 
  • 1
  •  
  • 2
  •  
 
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.