こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

〈タワレコ限定・高音質〉Definition Series第16弾 ハイドシェックのモーツァルト:ピアノ協奏曲集(SACDハイブリッド)

ハイドシェックのモーツァルト

2018年7月27日(金)リリース
企画・販売:TOWER RECORDS
制作・発売:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
企画・協力:東京電化株式会社

 

Definition Series まとめページはこちら>>>

タワーレコード・オリジナル企画盤 WARNER x TOWER RECORDS
高音質に特化したSACDシリーズ 名盤に相応しい音で蘇る!
最新「Definition Series」 第16弾 1タイトル

旧EMI音源の名盤 世界初SACD化!
「若き日のハイドシェックによる名盤が格調高く蘇る!自在さと曲調が見事に調和した名演.」
ハイドシェック(P)、ヴァンデルノート&パリ音楽院管
モーツァルト:ピアノ協奏曲集(全6曲)(3枚組)
来日50周年記念。第24番は初DISC化 (第21番、第24番のみモノラル録音)
3枚組 7,400円+税 SACDハイブリッド盤 限定盤

全て、本国オリジナル・アナログマスターからの最新リマスタリング
(SACD層、CD層、それぞれ別個にマスタリング)
マスタリング・エンジニア:杉本一家氏
豪華デジパック仕様
相場ひろ氏による、各新規解説付き
オリジナル・ジャケット・デザイン使用

最新の「DEFINITION SERIES」第16弾は、録音数が膨大なモーツァルト録音の中にあってもその存在が決して色褪せないばかりか数多くの方々に支持され続けている、エリック・ハイドシェック若き日の「モーツァルト:ピアノ協奏曲集」を取り上げます。今年(2018年)、第21番を含むプログラムで来日公演が行われるにあたり、その活動初期である旧EMIへの6曲をまとめてセット化し、限定盤で復刻いたします。第21番は初CD化の2006年以来、第24番はLP時以来の復活となります。活動の原点に近い今回の復刻は、まず解像度の高さに注目ください。静寂な中で録音会場に居合わせているかのような臨場感ある会場音やピアニストの息遣いと共に、細かな演奏のニュアンスを従来以上に聴き取ることができます。その上で、演奏者のみならず、当時の音源制作にかかわったスタッフを含め、録音に対する想いや思慮も感じ取っていただける音源であると思います。まさにハイドシェックというピアニストを世に知らしめた、決定的名盤の復活です。

<制作に関しまして>
音源に関しましては、本国より取り寄せた96kHz/24bitのWAVデータを基本にSACD層用としてDSDに変換した後、マスタリングを行い、それとは別にCD層用としてもPCMでマスタリングを行いましたので、SACD層、CD層、それぞれ独立したマスタリングとなっております。PCMで編集した後にDSDにも変換を行う、もしくはDSDで編集した後にPCMにも変換を行うといった1回のマスタリング作業で兼ねるのではなく、SACD、CD、それぞれの特徴や音質を重視した上で、個別にマスタリングがされています。その際、過去に発売されたCDと極力比較するという検証も行なった上で、音楽を最大限に生かすべく、最小限かつ最適なマスタリングを心がけました。マスタリング・エンジニアは、これまでと同様に、優秀な復刻を数多く手掛けてきた杉本一家氏です。当シリーズでは未だ高品位でデジタル化されていない音源を新たに取り寄せておりますが、一部では経年変化による不具合等が生じている箇所もございますことを、ご了承ください。時間と技術との狭間で、最大限の尽力で後世に残る音源を今後もリリースしていきたいと考えています。

~「ディフィニション」とは、解像度や鮮明さ、を表す単語。一般的には「ハイディフィニション」の略称で、主にテレビ画面などにおける表示が、高精細・高解像度であることにも用いられますが、音源におきましても、ハイレゾ化が進んだ現代の音楽環境から求められる要望に応えるべく、タワーレコードがこれまで発売してまいりましたオリジナル企画盤の延長として、新たに定義した新シリーズです。

*下記商品の仕様、発売日等は予告なく変更する場合がございます。

モーツァルト:ピアノ協奏曲集(第20,21,23,24,25,27番)(SACDハイブリッド)
エリック・ハイドシェック、アンドレ・ヴァンデルノート、パリ音楽院管弦楽団

若き日のハイドシェックによる名盤が格調高く蘇る
自在さと曲調が見事に調和した名演を世界初SACD化。第24番はLP以来の復活!
来日50周年記念

※ SACDハイブリッド盤、限定盤、デジパック仕様
※ 世界初SACD化、 世界初CD化(6)
※ モノラル録音(5,6)
※ 2018年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン使用(仏初期盤。ブックレット内に他のジャケット・デザインも使用)
※ 解説:相場ひろ氏他、宇野功芳氏、解説書合計24ページ予定

ハイドシェックのモーツァルト

【収録曲】ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:
<DISC1>
1. ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466、 2. ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
<DISC2>
3. ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503、 4. ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
<DISC3> (モノラル録音)
5. ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467、 6. ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491
【演奏】
エリック・ハイドシェック(ピアノ)
パリ音楽院管弦楽団
アンドレ・ヴァンデルノート(指揮)
【録音】
1957年12月24,26日(6)、26-28日(5)、1960年6月3日(1)、8日(2)、1961年9月5,6日(3)、7日(4)  サル・ワグラム、パリ
Producer: Norbert Gamsohn、 Recording engineer: Paul Vavasseur
【原盤】
Warner Classics(旧EMI音源)