こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ザ・ヤードバーズ(The Yardbirds)、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)在籍期の貴重放送用音源ライヴ集『Jimmy Page Years』

掲載: 2018年06月19日 10:57

更新: 2018年06月21日 11:30

Jimmy Page

E・クラプトン、J・ベック、J・ペイジと 3大ロック・ギタリストを生んだ伝説のブリティッシュ・ビート・バンド、ヤードバーズ。“シェイプス・オブ・シングス”、“ハートせつなく”とヒット曲を擁したバンドに3人目のギタリストとしてジミー・ペイジが就くと、後のレッド・ツェッペリンへと繋がるハード路線へバンドは舵を切ります。ポップ・バンドがロックへ、そしてハード・ロックへ・・ここにはそんな変革期である1967~1968年の貴重ライヴを収録しました。ストック・ホルム公演は熱心なファンには知られた放送用ライヴ音源で、当時の30分のフル・ステージを完全版で聴くことができます。そして1968年になると、ハードさが増した“トレイン・ケプト・アローリン”や、後のZEPの代表曲となる“幻惑されて~Dazed&Confused”も披露。これぞジミー・ペイジ!というギター・フレーズが駆け巡る素晴らしいステージです。

エリック・クラプトン、最新ドキュメンタリー映画の未発表トラックを含むサントラ『Eric Clapton: Life In 12 Bars』>>>