こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

プリンス(Prince) ピアノ弾き語りの未発表トラックを収録した『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』をリリース

タグ : ソウル/R&B

掲載: 2018年06月07日 18:57

Prince

プリンス財団とワーナーブラザーズ・レコードは共同で、アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』の発売を、プリンスが存命であれば60回目の誕生日になる6月7日に発表。

9曲入り35分のアルバムには、1983年、自宅スタジオでカセットにレコーディングされた未発表のプリンスによるピアノ弾き語り音源を収録。アルバムはCD、LP(輸入盤のみ)、デラックス・エディション(CD+LP)でリリースされる。

「この生々しく、身近に感じられるレコーディングはプリンスが世界的なスターになる直前の、キャリア初期に行われた。形態としては彼がキャリアを終えた2016年に行っていた、ピアノ&ア・マイクロフォン・ツアーと似たものだ」とプリンス財団のアドバイザー、トロイ・カーター氏は語っており、財団はファンにプリンスの進化を一見してもらい、彼のキャリアが最終的にピアノ弾き語りに戻っていったということを示すことを喜んでいる。

プライベートなリハーサルからは、生々しく、身近なプリンスの創造的なプロセスを垣間見ることが出来る。それらには1984年までリリースされなかった「17デイズ」「パープル・レイン」や、ジョニ・ミッチェルのカヴァー「ア・ケイス・オブ・ユー」、高い評価を受けた1987年のアルバム『サイン・オブ・ザ・タイムス』まで、リリースされなかった「ストレンジ・リレーションシップ」や「インターナショナル・ラヴァー」が含まれる。

アルバムには、珍しい19世紀の霊歌「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」も収録されるが、この曲は今年8月に公開になるスパイク・リーの映画『BlacKkKlansman(原題)』のエンド・クレジットで流れる。プリンスのファンのために、1~7曲目は元々のレコーディングのように、自然なライヴ・メドレーの形で収録されている。

デラックス・エディション(CD+LP)には12インチ・サイズのブックレットが収録され、これにはプリンスの当時エンジニアだったドン・バッツによって書かれた新たなライナーノーツや今までに公開されたことのないものを含むプリンスのスナップ写真が収録されている。

 

 

line

1990年の東京ドームで行われたプリンスの伝説的ライウがデジタル・リマスターCD2枚組でリリース

1990年8 月31日に行われたヌード・ツアーの放送用音源が収録された東京ドームでの日本公演ライヴの模様が蘇る。全世界で1500万枚を売り上げた「パープル・レイン」や映画「バットマン」のサウンド・トラック・アルバムの「バットダンス」などのヒット曲の数々はもちろん、セット・リストにも隙がなく計算し尽くされた、全盛期のプリンスによる圧巻のパ フォーマンスを堪能することができるファン必聴の一枚。

帯、ブックレット対訳付き