こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ボブ・ディラン(Bob Dylan)膨大なインタヴュー、20年の歳月をかけて完成した究極本にして評伝文学の金字塔『ノー・ディレクション・ホーム ボブ・ディランの日々と音楽』

カテゴリ : ニューリリース 予約 | タグ : 書籍

掲載: 2018年05月15日 15:43

更新: 2018年06月11日 10:02

『ノー・ディレクション・ホーム ボブ・ディランの日々と音楽』

Bob Dylan/ノー・ディレクション・ホーム ボブ・ディランの日々と音楽

 

ここまで書ける人間は、もういない―。

 本書の著者、ロバート・シェルトンがボブ・ディランに会ったとき、若きシンガーはニューヨークに降り立ったばかりだった。シェルトンはすぐにディランの友人となり、擁護者となる。
1961年、シェルトンは「ニューヨーク・タイムズ」紙に、ディランの登場を告げる記事を書く。それはポピュラー音楽の歴史を変える伝説のレビューとなった。
ディランの信頼を受け本書の執筆にとりかかった著者は、膨大な歳月を注ぎ、ディランと関わった人たちへのインタヴューを敢行。ディランの家族、幼少期を過ごしたヒビングの友人たち、ミネアポリスの同級生、『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』のジャケットで永遠の命をあたえられたスージー・ロトロ、ジョーン・バエズ、マリー・トラヴァース、ピート・シーガーといったミュージシャン仲間、マネージャーのアルバート・グロスマン、詩人アレン・ギンズバーグ……。
20年の歳月をかけて完成した本書は、巨大な時代のうねりのなかに閃光を放つ詩人と世界の関係を描いた、評伝文学の金字塔。

「ねぇ、ぼくはぜんぶ断ったんだよ、ロバート。きみにすべてをまかせたい。きみならいっしょにやってくれると信じてる」

【目次】
『ノー・ディレクション・ホーム』のいま
英語版編者による序文
Prelude 時代は変わった
01 「ここで声を荒らげないでくれ」
02 ミシシッピ川を隔てて
03 トーキング・グリニッチ・ヴィレッジ・ブルース
04 寂しき西四丁目一六一番地
05 御用詩人ではなく
06 ロール・オーヴァー・グーテンベルク
07 いくつかの地獄の季節
08 オルフェウスがプラグを差し込む
09 闘技場のなかで
10 片足をハイウェイに
11 沈黙に耳を傾ける
12 自由なる逃走
13 雷、ハリケーン、そしてはげしい雨
Postlude 闇を突き抜けて

【巻末資料】
索引
年譜 1979-2010
主な録音作品
主な参考文献

line

ノー・ディレクション・ホーム ボブ・ディランの日々と音楽

ノー・ディレクション・ホーム ボブ・ディランの日々と音楽