こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ポーランドが生んだ麗しの歌姫バーシア(Basia)、7年振りオリジナル・アルバム『バタフライズ 』

掲載: 2018年04月23日 09:51

Basia

まさに待望!元マット・ビアンコの紅一点にして、ソロ・アーティストとしても90年代の女性ヴォーカル・シーンを牽引したポーランドが生んだ麗しの歌姫バーシアが、久々のニュー・アルバムをリリース! オリジナル・アルバムとしては2009年の『It’s That Girl Again』以来9年振り。2011年のライブ盤『From Newport ToLondon』(日本未リリース)から数えても7年振りの新作となる。その間、2013年と2015年の来日公演で日本のファンにも歌声を届けてくれたものの、やはりスタジオ・レコーディングによる新曲が聴けるというのは、長年彼女の歌声を愛してきたファンにとって格別の喜びだ。ジャズ、ボサノヴァ、ラテンなどをブレンドした洒脱なポップ・サウンドはデビュー以来不変ながら、今回は9年間の様々な想いを詰め込んだかのように、ますます多彩な曲調で楽しませてくれる。そして、そのどれもが「これぞバーシア」というべき味わいに満ちている。いつの時代も都市の暮らしにナチュラルに、軽やかに寄り添ってくれるバーシアの歌声とサウンド、その最新形を心ゆくまで堪能してほしい。

「約9年振りに届けられた、バーシアからのミュージック・ギフト。多彩さを増したサウンドは、よりジャジーで艶やかに…。そして何より、あの頃のバーシアらしいメロディやフレーズが戻ってきた。シティポップやAORの再評価が進む今だからこそ、都市にナチュラル・フィットするバーシア・スタイルを」 ──金澤寿和