こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ロト&レ・シエクルのラヴェル第2集は“マ・メール・ロワ”、“クープランの墓”、“シェエラザード”序曲

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2018年02月21日 18:00

ロトのラヴェル第2集


やはりロトのラヴェルは凄い。
全く新たな作品を聴くような
「マ・メール・ロワ」と「クープランの墓」、
ロトの魅力最大限発揮!!!

昨年のベストCDのひとつ「ダフニスとクロエ」からちょうど1年、ロトが次なるラヴェルを披露してくれます。もちろん初演当時の楽器と奏法にこだわったもので、ファンなら待ちきれないリリースと申せましょう。ロトとレ・シエクルはストラヴィンスキー等で名を売りましたが、本当に相性の良さを示すのはラヴェルで、全作品が彼らの演奏で揃えばラヴェルのオーケストラの新しいスタンダードとなること間違いなしの大事業となるでしょう。

今回選ばれた 3篇のうち、「マ・メール・ロワ」はピアノ連弾曲、「クープランの墓」はピアノ独奏曲として書かれ人気があり、さらに初期の「シェエラザード」序曲も連弾版がありますが、いずれもラヴェルが後に腕によりをかけてオーケストレーションして再創造しました。しかし流れ作業ではなく、「マ・メール・ロワ」は前奏曲、「糸車の踊り」と5つの間奏曲を新たに書き足し、規模を倍にしました。反対に「クープランの墓」は、ピアノ的な構造のフーガとトッカータをはずして4曲にしています。どちらもラヴェルとしては小さな編成ですが、彼の天才的管弦楽法を駆使した精巧さで、極彩色の音響世界を創り上げています。それを初演当時楽器の音色で聴くと、かえって今よりもすっきりとした新鮮な美しさに魅了されます。

「シェエラザード」序曲はラヴェルの作品中ではあまり演奏されませんが、これもものものしいエキゾチシズムとは異なる清潔な響きとなり、印象一新。実は「ダフニスとクロエ」や「ボレロ」と直接つながる世界であることを認識させてくれます。

今回もブックレットに弦楽器以外すべての使用楽器と制作年が明記され、貴重な資料となっています。ロトの演奏はますます精緻になり才気煥発。歴史的な意義はもちろんながら、切れの良いリズムとスペード感など驚くほど魅力的な演奏を繰り広げています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ラヴェル:
1.バレエ音楽「マ・メール・ロワ」(全12曲)
2.「シェエラザード」序曲
3.クープランの墓(4曲)

【演奏】
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)
レ・シエクル

【録音】
2016年10月31日/フィルハーモニー・ド・パリ、
11月2日/ロンドン、サウスバンク・センター、
11月4日/シテ・ド・ラ・ミュジーク・ド・ソワソン(以上 1)、
2017年5月20日、9月9、17日/フィルハーモニー・ド・パリ(以上 2)、
8月13日/ブローニュ=ビヤンクール、ラ・セーヌ(3)