こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

アーロン・アバナシー(Aaron Abernathy)、ニューアルバム『Dialogue』

タグ : ソウル/R&B 

掲載: 2017年10月04日 11:59

Aaron Abernathy

Pitchfork、Bandcamp Daily、Saint Heron、Echoes Magazine、Soultracksなど各国音楽メディアがその才能を絶賛!

Slum Village、Eric Robersonら著名アーティストたちから共演オファーが殺到する鋭い音楽的感性と抜群の表現力!話題を呼んだ2016年作『Monologue』を凌駕する渾身のニューアルバム登場!

オハイオ州クリーブランド出身のアーティスト・Aaron Abernathy(アーロン・アバナ
シー)。ピアニスト/シンガー/ソングライター/プロデューサーとしてマルチな才能を発揮する彼の最新作『Dialogue』。今作でAbernathyは、経済や人種差別などの問題に対し、アメリカに生きる黒人の一人としての主張をフラットな視点から音楽にすることで、普遍的な愛や、家族などごく身近な人間関係をテーマとした前『Monologue』とは全く異なる表現性、新たな魅力を開花させている。

収録曲のすべてがAbernathyによる作曲・編曲、プロデュースとなっており、性格の異なるバラエティ豊かな全9曲が絶妙なバランスで呼応し、一貫した世界観を描き出している。多くの声が重なり、響き合う中躍動するヴォーカルとベースが楽曲を力強くリードする“Daily Prayer”にはじまり、アメリカンドリームの障壁となる経済問題に焦点を当てた“Restrictions”や、LGBTコミュニティと先住民族の権利を主張する“Generation”など、様々なメッセージが多彩なサウンドと共に展開される本作からは、Marvin Gayeの 『What's Going On』や、Sly & The Family Stoneの『There's A Riot Goin On』、Curtis Mayfieldの『Curtis』といった名盤を彷彿とさせる社会的なメッセージを感じることができるだろう。70'sソウルのサウンドを現代的な感性で再解釈した痛快でドラマチックなサウンドは幅広い層のリスナーを魅了し、ソウルの新たな可能性を予感させるに違いない。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.