こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ヴィットリオ・グリゴーロがホフマン役!オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2017年06月28日 00:00

ホフマン物語


英国ロイヤル・オペラで1980年のプレミエ上演以降、同歌劇場の最も人気のある演目となっているジョン・シュレジンジャー演出によるオッフェンバック「ホフマン物語」。その最も新しい上演となった2016年11月の公演をライヴ収録した映像作品です。演出のジョン・シュレジンジャーは、『真夜中のカウボーイ』でアカデミー監督賞を受賞した映画監督。シュレジンジャーは時代設定を19世紀にして、このオペラの幻想的な世界を重厚かつ華麗に舞台化しており、ウィリアム・ダドリーのきめ細やかな舞台装置、マリア・ビョルンソンの手の込んだ衣装とともに、このオペラの代表的な舞台上演として知られています。オペラの映像作品がまだ珍しかったレーザーディスク初期からドミンゴ主演、プレートル指揮による映像(プレミエの翌年の1981年収録)でオペラ・ファンには馴染みの演出といえるでしょう。この定評ある舞台の最新映像を鮮明な画質と音声でご堪能いただけます。主役ホフマンを歌うのは人気爆発中のヴィットリオ・グリゴーロ、ホフマンを破滅に誘う悪役4人を担うのは名バリトン、トーマス・ハンプソンです。そして深い声で魅了し絶賛を博すソーニャ・ヨンチェヴァのアントニア、コロラトゥーラ・ソプラノのソフィア・フォミーナのオランピア、メゾのニュースターとして引っ張りだこのクリスティン・ライスのジュリエッタと女声陣など、新鋭歌手たちが見事な役を歌い演じていきます。アバド時代のミラノ・スカラ座のファゴット奏者から現在随一のベル・カント・オペラ指揮者となったエヴェリーノ・ピドの引き締まった指揮が、全曲を見事にまとめあげています。
(ソニーミュージック)
【収録予定曲】
オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」(全曲)
【演奏】
ヴィットリオ・グリゴーロ(ホフマン)
トーマス・ハンプソン(リンドルフ、コッペリウス、ミラクル、ダペルトゥット)
ソフィア・フォミーナ(オランピア)
クリスティン・ライス(ジュリエッタ)
ソーニャ・ヨンチェヴァ(アントニア)
ケイト・リンゼイ(ミューズ)
ヴァンサン・オルドノー(アンドレス, コシュニーユ, ピティキナッチョ)
ジェレミー・ホワイト(ルーテル)
ユーリイ・ユルチャク(シュレミール)
チャールズ・ライス(ヘルマン), 他
コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団
エヴェリーノ・ピド(指揮)
【演出】
ジョン・シュレシンジャー
【収録】
2016年11月15日、ロンドン、コヴェント・ガーデン王立歌劇場でのライヴ・レコーディング
【収録時間】
3時間8分