こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

〈YOKO ONO REISSUE PROJECT〉再発リリース第2弾(2nd Phase)

タグ : リイシュー  リマスター  紙ジャケ/高音質(ROCK/POP) 

掲載: 2017年06月16日 10:25

更新: 2017年06月16日 18:30

16_0102_01

2018年の生誕85周年へ向けて、前衛芸術家ヨーコ・オノの再評価を目指す“YOKO ONO REISSUE PROJECT(ヨーコ・オノ再評価プロジェクト)”の第2弾がリリース決定。

第2弾は70年代アップル・レコードから発売されていた『フライ』『無限の大宇宙』『空間の感触』の3タイトル。紙ジャケ仕様のCD盤は最新リマスター音源を使用、ボーナス・トラックを収録。オリジナル・リリース以来約46年振りとなるアナログLPは限定White Color Vinylで復刻、息子のショーン・レノンらによるオリジナル・アナログ・マスターからの最新リマスター、未発表写真入りの7インチサイズ新規ブックレット、ポスターも封入され、新装発売となる。

〈YOKO ONO REISSUE PROJECT〉再発リリース第1弾(1st Phase) >>>

 

 



line



16_0102_02

ヨーコ・オノ『フライ』(1971年作品)
YOKO ONO/FLY
■完全生産限定盤アナログLP 2枚組(SIJP-49)
1000枚限定White Color Vinyl/特典ポスター、特製カード封入/見開きジャケット(2枚組)/ジャケット周りは日本制作・盤は海外プレス(by RTI)/最新リマスター/新規解説・歌詞・対訳付き
■初回仕様限定盤CD 2枚組(SICX-84)
紙ジャケ仕様(2枚組見開きジャケット)/最新リマスター/新規解説・歌詞・対訳付き/ボーナストラック4曲収録

1971年9月に発表されたソロ2作目。ジョン・レノンの『イマジン』と対を成すアルバムでジョン・レノン、リンゴ・スター、クラウス・フォアマン、エリック・クラプトン、ジム・ケルトナーらが参加。いまやヨーコの代表曲ともいえる「ドント・ウォリー・キョーコ」や、「オープン・ユア・ボックス」を改題した「ヒラケ」などのアバンギャルド音楽から、「イマジン」と同じような音色を感じるピアノと哀愁のメロディが美しい名曲「ミセス・レノン」等収録。デザインを含めたトータル・アート作品としては、ヨーコの最高傑作と言える。プロデュースはジョン&ヨーコ。若き日のジャック・ダグラスがエンジニアで参加している。

 

line



16_0102_03

ヨーコ・オノ『無限の大宇宙』(1973年作品)
YOKO ONO / APPROXIMATELY INFINITE UNIVERSE
■完全生産限定盤アナログLP 2枚組(SIJP-51)
1000枚限定White Color Vinyl/特典ポスター、特製カード封入/見開きジャケット(2枚組)/ジャケット周りは日本制作・盤は海外プレス(by RTI)/最新リマスター/新規解説・歌詞・対訳付き
■初回仕様限定盤CD 2枚組(SICX-86)
紙ジャケ仕様(2枚組見開きジャケット)/最新リマスター/新規解説・歌詞・対訳付き/ボーナストラック収録

1973年1月に発表されたソロ3作目。前作までのアヴァンギャルドが影をひそめ、よりポップ、ロックな路線となった、今、最も再評価が期待される作品でもある。ヨーコはフェミニズムを前面に打ち出し、女性としての権利・主張を力強く宣言する。ヨーコとジョンがプロデュース。ジョンはJoel Nohnnという変名でギターとヴォーカルで参加。『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』でバックを務めたエレファンツ・メモリー・バンドが今作にも参加。是非「今宵、彼らに安らぎを」を聴いてみて欲しい。ヨーコの作品の中でも時代を超えた名曲中の名曲と言える。

 

line



16_0102_04

ヨーコ・オノ『空間の感触』(1973年作品)
YOKO ONO/FEELING THE SPACE
■完全生産限定盤アナログLP(SIJP-51)
1000枚限定White Color Vinyl/特典ポスター、特製カード封入/ジャケット周りは日本制作・盤は海外プレス(by RTI)/最新リマスター/新規解説・歌詞・対訳付き
■初回仕様限定盤CD (SICX-86)
紙ジャケ仕様/最新リマスター/新規解説・歌詞・対訳付き/ボーナストラック7曲収録

1973年11月に発表されたソロ4作目。Apple Recordsからの最後の作品であり、彼女の70年代最後の作品。ジョン・レノンの『マインド・ゲームス』と対を成すアルバムで、同作のレコーディング・メンバーがバックアップしているので、同じような音色を感じることができる。より一層フェミニズムのテーマを強め、「ウーマン・パワー」では男性中心社会への怒りを込め、女性としての力を高らかに宣言する。ちょうど今作が発表された1973年秋は“失われた週末”と呼ばれるジョンとヨーコの別居が始まった時期。レコーディングではジョンも一バックミュージシャンのひとり。ヨーコはこのレコーディングに打ち込み、「失われた週末」への序曲となった作品ともいえる。

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.