こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

アーケイド・ファイア(Arcade Fire)約4年振りのニュー・アルバム『エヴリシング・ナウ』(Everything Now)

タグ : UK/US INDIE 

掲載: 2017年06月05日 10:59

更新: 2017年07月28日 10:00

05_0101_01

全米・全英1位を記録した前作『リフレクター』から約4年。その間も盟友スパイク・ジョーンズの最新ヒット映画「her/世界でひとつの彼女」のサウンド・トラックを手掛け、アカデミー賞ベスト・オリジナル・スコア賞にノミネートされたほか、2014年にはフジロック・フェスティバルで初のへッドライナーを飾るなど、世界的な評価を浴びると共に日本でも確固たるポジションを築き上げたアーケイド・ファイア。

前作では鬼才ジェームス・マーフィー(LCDサウンドシステム)のプロデューサーとしての起用や、交流の深かったという故デヴィッド・ボウイの客演なども話題となったが、ソニー移籍第一弾となる本作ではバンド自身とダフト・パンクのト―マ・バンガルテル、パルプのスティーヴ・マッキーをプロデューサーに据え、彼らの過去3作やビヨークやコールドプレイを手掛けるマーカス・ドラヴスも共同プロデューサーに迎えるなど、常に時代を湧き立たせる彼ららしいコラボレーションも相まって、全世界で話題となること必至だ。

 

 

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.