こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ゴリラズ (Gorillaz)、7年振りとなる待望の新作『ヒューマンズ』

タグ : UK/US INDIE 

掲載: 2017年03月31日 16:32

更新: 2017年05月24日 12:00

Gorillaz

ゴリラズ・イズ・バック!世界で最も成功を収めているヴァーチャル・バンドが帰ってきた!ニュー・スタジオ・アルバム、待望のリリース!
レコーディングはロンドン、パリ、ニュー・ヨーク、シカゴ、そしてジャマイカと世界各国様々なところで行われ、『The Fall』(2011年)、『Plastic Beach』(2010年)に続く7年ぶりとなる待望の新作。ジェニー・ベス (Savages)、ダニー・ブラウン、ベンジャミン・クレモンタイン、 デ・ラ・ソウル、プシャ・T、D.R.A.M.(ドラム)、ポップカーン、 ヴィンス・ステイプルズなど超豪華アーティストが勢揃いしている。

ブラーの最新ライヴ・ドキュメンタリー映画が登場>>>

【Gorillaz(ゴリラズ)】
ブラーのデーモン・アルバーンと、世界的なコミック・アーティスト、ジェイミー・ヒューレットによる≪架空のメンバー・キャラクターを作り上げ、音楽面をデーモンが、ヴィジュアル面をジェイミーが担当する≫という構成で活動を続けていく覆面プロジェクト。シンガーの2D、ギタリストのヌードル(Noodle)、ベーシストのマードック・ニカルス(Murdoc Niccals)、そしてドラマーのラッセル ・ホブス(Russel Hobbs)からなるカートゥーン・バンド。ギネスブックにも「最も成功した架空バンド」として認定されている。2001年にアルバム『ゴリラズ』でデビューし、シングル「クリント・イーストウッド」が大ヒット、アルバムは1年以上にわたってチャートインを記録、700万枚(当時)を超えるセールスを叩き出し、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・ソング」と「ベスト・ダンス・アクト」の2部門を受賞。2005年にはセカンド『ディーモン・デイズ』を発表、デンジャー・マウスをプロデューサーに起用し、数多くのゲストを迎えて制作された今作は、全英チャート1位を記録、全米でもチャートのTOP 5にランクイン、全世界で800万枚を超えるセールスを記録する。「フィール・グッド・インク」や「デア」といったシングル・ヒットを放ち、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・グループ賞」を受賞した他、グラミー賞にも「レコード・オブ・ザ・イヤー」「最優秀ショート・ミュージック・ビデオ賞」のノミネートを受け、「最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション賞」を受賞、全世界的な人気を決定づけた。2010年にサード『プラスティック・ビーチ』を発表、前作を上回る豪華なゲスト陣が参加したこの作品は、全英チャート、全米チャート共に2位を記録、ブルース・ウィリスが出演し話題となった先行シングル「スタイロ」のPVは、YouTube上で公開後24時間で90万回の再生数を記録し、当時の初日再生回数最高記録を更新した。この作品で世界各国の大型フェスに参加し、のべ40万人以上のオーディエンスを前にパフォーマンスを披露していき、2010年10月から初のワールド・ツアーをスタートさせる。そのツアー中にiPadを使ってデーモンが制作した音源をアルバムとしてまとめた4作目『ザ・フォール』を2011年4月に発表、同年10月には『ザ・シングルス・コレクション 2001-2011』を発表した。しばらく、長期の制作期間となっていたが、2017年1月、トランプ米大統領就任式の前夜に「ハレルヤ・マネー(Feat. ベンジャミン・クレモンタイン)」(今作に収録)を急遽公開するなどシーンに衝撃を与えた。アルバムリリースを発表した翌日の2017年3月24日に、ロンドン某所にて当アルバム『Humanz』をフル再現するシークレット・ライブを行い、クレジットには表記されていないが、アルバムに参加しているというノエル・ギャラガーやグレアム・コクソンなどが登場するなどして大きな話題を呼んだ。2017年6月10日は自身がヘッドライナーを務める主催フェス≪Damon Dayz Festival≫が開催される予定。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.