こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ネルソンス&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によるブルックナーの交響曲第3番!

カテゴリ : ニューリリース 

掲載: 2017年03月29日 00:00

ネルソンス

伝統の名門ゲヴァントハウスの若き新カペルマイスターによるブルックナー・ツィクルス、スタート!
ボストン響とのショスタコーヴィチ交響曲全曲録音が進行中で、2作品2年連続でグラミー賞を受賞したネルソンスが2017/18シーズンからカペルマイスターを務めるゲヴァントハウスとはブルックナー録音を開始しました。その第1弾となる当盤は、ブルックナーが敬愛するリヒャルト・ワーグナーに献呈した交響曲第3番をメインに、ワーグナーの歌劇《タンホイザー》序曲をカップリングしています。
ネルソンスは2020年のベートーヴェン生誕250年に向けてウィーン・フィルとのベートーヴェン交響曲全集の録音もスタートさせており、今後の動向から目が離せません。
(ユニバーサルIMS)
【曲目】
ブルックナー:交響曲第3番ニ短調
ワーグナー:歌劇《タンホイザー》序曲
【演奏】
アンドリス・ネルソンス(指揮)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
【録音】
2016年6月(ライヴ)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.