こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ゲルギエフ&マリインスキー劇場管の“ペトルーシュカ”オリジナル1911年版(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース  | タグ : SACDハイブリッド(クラシック)  高音質(クラシック) 

掲載: 2017年01月11日 00:00

ゲルギエフのペトルーシュカ

ゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団によるストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」。SACDハイブリッド盤がついに登場となります。
ゲルギエフとマリインスキー劇場管はストラヴィンスキーの三大バレエを来日公演でも披露しているため、いかにもディスクが存在していそうですが、「春の祭典」と「火の鳥」は前世紀の録音、「ペトルーシュカ」はワールド・オーケストラ・フォー・ピースとのものしかありません。
手兵マリインスキー劇場管との演奏がようやくカタログに載ることとなりました。「ペトルーシュカ」はパリで初演されたこともあり、ロトをはじめとする純フランス風な演奏も魅力的ですが、ゲルギエフはあくまでロシア音楽として、しかもオリジナル1911年版にこだわりを示しています。その成果は十二分に発揮されていて、若きストラヴィンスキーのエネルギーに満ちた煌めく音響と骨太な音楽世界が広がります。4管編成の大オーケストラも素晴らしい統率力で突進させます。ひさびさの豪快な「ペトルーシュカ」と申せましょう。また、後半のおどろおどろしい表現も神業です。
カップリングは「かるた遊び」。1937年、ストラヴィンスキー新古典派時代の作ですが、ゲルギエフの聴かせ所のツボを押えた解釈で楽しさ満点。乾いた新古典主義という先入観とは大違いの、ペトルーシュカなどと遠くない味わいを感じることができます。
(キングインターナショナル)

ゲルギエフ

ストラヴィンスキー:
(1)バレエ音楽「ペトルーシュカ」(オリジナル1911年版)
(2)バレエ音楽「かるた遊び」

ワレリー・ゲルギエフ(指揮)マリインスキー劇場管弦楽団

2014年1月14日(1)、12月26, 29, 31日(2)/マリインスキー・コンサート・ホール
SACD Hybrid版盤
マルチ・チャンネル
2.0 PCM STEREO
5.0 サラウンド
収録時間:53分00秒

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.