海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

レア写真をジャケにした〈21世紀の新ジャケ名盤シリーズ〉第3弾

タグ : リイシュー 

掲載: 2017年01月10日 14:39

フランスの名カメラマン=ジャン・ピエール・ルロアの“未発表写真"をジャケにした〈21世紀の新ジャケシリーズCD〉。アーティストの素顔を追った写真家の名ショットは、フランスならではの洒落たセンスも最高にクール!

【Jean-Pierre Leloir ジャン・ピエール・ルロア(1931-2010)】
1931 年生まれのフランス人カメラマン。10 代にして音楽、特にジャズに情熱を持ち、チャーリー・パーカーとマイルス・デイビスのリユニオン・ライヴをサレ・プレイエルで見て衝撃を受け、写真家の道を本格的に歩み始めた。

その後、20歳の時に撮影した写真がJazz Hot誌で使われたことを皮切りに、キャリアを積み重ねた。

フランスを訪れるアメリカ人アーティストの数々の写真を撮影。シドニー・ベシェ、ルイ・アームストロング、デューク・エリントンといった、トラッド/ビッグ・バンド時代のアーティストから、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイといったシンガー、そして、マイルス・デイビス、アート・ブレイキー、ジョン・コルトレーン、チャールス・ミンガス、セロニアス・モンク、ビル・エヴァンス等々、文字通り、ジャズ界のアイコンといったアーティストの一瞬をとらえた作品で、ヨーロッパを代表するカメラマンとして名を残している。

本人自身“パパラッチ的にアーティストに迫ることはしたくない”と語っていることも象徴的で、撮影は、アーティストに接近しつつも極めて自然であるため、アーティストの素顔をとらえているのも印象的である。本Jazz Imagesシリーズで、全面的にフィーチャーされることによって、話題を呼ぶことも必至である。

第2弾CD 10タイトルはこちら>>>>>
第1弾LP 22タイトルはこちら>>>>>

 

写真集も登場!

クインシー・ジョーンズ、ミッシェル・ルグラン、マーシャル・ソラールといったアーティスト、またアルバム・ノーツ部門で、昨年グラミー賞も受賞した文筆家、アシュリー・カーンも寄稿。150枚あまりの写真を掲載し、デザインも最高にクール。ハードカバーの表紙も粋な豪華版!! これは見逃せません。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.