こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

ポール・マッカートニー『フラワーズ・イン・ザ・ダート』が豪華版でリイシュー

タグ : リイシュー 

掲載: 2016年12月15日 19:36

更新: 2016年12月21日 09:30

Paul McCartney

グラミー賞を複数回受賞したポール・マッカートニーの待ちに待ったアーカイヴ・コレクション第10弾が、2017年3月24日にリリースされる。この『フラワーズ・イン・ザ・ダート』は、ポールが1989年に発表し、世界中で1位を獲得したアルバムで、スペシャル・エディション盤はマルチ・フォーマットでリリースされます。MPL/キャピトル/ユニバーサル・ミュージックから発売されるこのアルバムは、世界的に称賛されているこのアーカイヴ・コレクションに新たに加わる名作ソロ作品。

商品形態は、スペシャル・エディションのCD2枚組、CD3枚組+DVDのデラックス・エディション・ボックス・セット。このボックス・セットには未発表のデモ音源、未発表の記録映像、ポールの手書きの歌詞とメモが書かれたノートブック、リンダ・マッカートニーの『フラワーズ・イン・ザ・ダート』展覧会のカタログ、アルバムの制作過程が書かれた112ページのハードカバー・ブックなどが含まれます。

BRIT賞とグラミー賞の両方にノミネートされ、1980年代のアルバムとしては最も評価が高いアルバムの一つであるこの『フラワーズ・イン・ザ・ダート』では、アルバムの三分の一(「マイ・ブレイヴ・フェイス」、「ユー・ウォント・ハー・トゥー」、「ケアレス・ラヴに気をつけて」、「ふりむかないで」)がマッカートニーとエルヴィス・コステロとの共作となっています。また、プロデューサーのクレジットもミッチェル・フルーム、トレヴァー・ホーン、デヴィッド・フォスター、スティーヴ・リプソン、エルヴィス・コステロ、そしてポール・マッカートニー自身と、蒼々たる顔ぶれが並んでいます。ピンク・フロイドの伝説のギタリスト、デイヴ・ギルモアが参加した「幸せなる結婚」、ジョージ・マーティンの手による「プット・イット・ゼア」の弦楽器のアレンジは、このアルバムの多くのハイライトのほんの一部です。

『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のレコーディング・セッションは1987年に始まり、アルバムのほとんどの曲がイースト・サセックス州にあるポールのホッグ・ヒル・ミル・スタジオで録音されました。このセッション中に、コステロはポールのアイコンとも言えるヘフナーのベースを、久しぶりに弾いてみるようにと説得しました。その時の様子をマッカートニーはこう説明しています。「びっくりしたよ。僕としてはもうあの楽器は卒業したと思って放置していたから。またプレイしてみて、あれ以来ずっと使っている。エルヴィスが、また使うようにと提案してくれて本当に良かった」。何年かぶりの大規模なワールド・ツアーを前にして、ポールはツアーで演奏出来るような曲を探していました。ポールはバンドのメンバーに、心からアルバムを気に入らなければツアーには出ないと言ったそうです。当時を振り返り、ポールはこう語っています。「いつも、“新曲を作って、ツアーで演奏しよう”と考え、その新曲が成功する事を祈っている。“マイ・ブレイヴ・フェイス”などは、ツアーの初めには誰も知らなかった曲だったけれど、ツアーの終盤には皆が知っていて、ツアーのハイライトにもなった」。

元々のオリジナル・アルバムに収録されていた13曲は、すべてが今回アビイ・ロード・スタジオにて新たにリマスターされました。

デラックス・エディションでは2枚のCDに、ポールがエルヴィス・コステロと共作した18曲の未発表のデモ・ヴァージョンがボーナス・トラックとして収録されています。これらの楽曲についてポールは、以下のように語っています。「デモは、まさに鍋から盛りつけたばかりの出来立てホヤホヤだったから、このボックス・セットに入れたかった。これらの曲は、まさに書かれたばかりの曲だった。これ以上、新鮮なものはないって感じだったから、そういう即興的なところが最高なんだ。もう何年も聴いた事がなかったけれど、再び聴いてみて、絶対にリリースしたいと思った。当時、テープにしてエルヴィスにも渡して、彼も気に入ったって言っていた。EPか何かの形にしたいね、と話していたけれど、やっとのことで発売出来る運びになったわけだ」。

ポール・マッカートニー最新ベスト・アルバム>>>

ザ・ビートルズ、劇場大ヒットの超話題作「EIGHT DAYS A WEEK」>>>

ザ・ビートルズが唯一残した熱狂のライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』>>>

 

【デラックス・エディション(3CD+DVD)】
・デジタル・ダウンロードのみでリリースの未発表のカセット・デモ「アイ・ドント・ウォント・トゥ・コンフェス」「シャロウ・グレイヴ」「ミストレス・アンド・メイド」の3曲収録

・付属のDVDにアルバム曲のミュージック・ビデオすべてと、アルバム制作風景を収録した未公開の短い映像が3本、そして元々は1989年に映像商品として発売された『プット・イット・ゼア』が収録(「プット・イット・ゼア」は、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の制作過程や1989年のワールド・ツアーの模様がフィーチャーされたドキュメンタリー)

・ポールの手書きの歌詞とメモが書かれた32ページのノートブック、1989年に開催されたリンダ・マッカートニーの『フラワーズ・イン・ザ・ダート』写真展覧会のカタログ、「ディス・ワン」のミュージック・ビデオ撮影時の写真を収めた64ページのフォトブック、そしてアルバム制作過程の完全なストーリーがポール、エルヴィス・コステロ、他の主要関係者との独占インタビューで語られたオリジナルの112ページのハードカバー・ブック収録。この本には詳細な楽曲解説に加えて、リンダ・マッカートニーの未発表写真や、アルバムとシングルのアートワークも収録

【スペシャル・エディション(CD2枚組)】
DISC 1がリマスターされたアルバム本編で、2枚目にはポールとエルヴィスの未発表のオリジナル・デモ音源が収録

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.