こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

松岡直也、1979年の名盤『KALEIDOSCOPE』が25年振りに復刻

タグ : ジャズ復刻&発掘  リイシュー 

掲載: 2016年10月03日 16:22

Naoya Matsuoka

松岡直也関連作品で最も再発が望まれていた1979年の名盤『KALEIDOSCOPE』が、2016年最新リマスタリング+新規解説により25年ぶりに復刻!!

本作はスタジオ・セッションの一発録りデジタル・レコーディングにより、ダビングとミックスダウンを一切排除し、ライヴの臨場感とプレイヤーの緊張感が直接肌に伝わる作品を創り上げようと企画されたプロジェクトである。ミックス・ダウンを廃することにより各楽器とマイクの位相関係の誤差を無くすことに成功し、それが本作の魅力をより高めるものになっている。

その狙いは見事に的中し、松岡直也の作・編曲によるオリジナル楽曲に、トゥーツ・シールマンスの驚異のハーモニカと松木恒秀のアグレッシヴなギターが繰り広げる、正に名プレイヤー白熱のフュージョン・セッション・アルバムとなった。その結果、ジャズ・フュージョン・ファンとオーディオ・ファン両方に満足してもらえる名盤が奇跡的に生み出されたのである。

また本作は、日本でしか発売されず、国内盤CDが1991年に再発売されて以降しばらく廃盤となっていたので、日本国内のみならず、海外のファンの間でも入手困難なプレミア作品となっていた。

松岡直也『KALEIDOSCOPE』

参加ミュージシャン:
松岡直也(Piano)
トゥーツ・シールマンス(Harmonica)
松木恒秀(Guitar)
村上秀一(Drums)
土岐英史(Soprano Sax)
向井滋春(Trombone)
長岡道夫(Bass)
高橋ゲタ夫(Bass)
ペッカー(Percussion)

収録曲:
M-1 FALL FOREVER
M-2 Dried Flower & Dried Love
M-3 IVORY ISLANDS
M-4 CADILLAC
M-5 FANCY PRANCE

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.