海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

スティーヴ・ハリス監修!ロック・ヘヴィメタファン向けヘッドホン

タグ : イヤホン・ヘッドホン 

掲載: 2016年01月04日 18:01

更新: 2016年01月29日 18:06

ロック・ヘヴィメタルファンに朗報!スティーヴ・ハリス監修 ONKYO アイアン・メイデン・コラボヘッドホン『ステレオヘッドホン ED-PH0N3S』が発売!

アイアン・メイデンヘッドホン

ヘヴィメタルバンド「アイアン・メイデン」のベーシスト、スティーヴ・ハリスとオンキョーとの共同開発。スティーヴ・ハリスがサウンドチューンしたヘッドホンED-PH0N3Sが完成!
このヘッドホンは、アイアン・メイデンファンやロック・ヘヴィメタルファンが音楽を最大限に楽しめるよう、全周波数帯域においてチューニングを行い明瞭な音を実現。専用設計の40㎜ドライバーは、中域と高域をクリアに再現できるようチタンコートを採用。低域はサブチャンバーを複数持つ構造とすることで、美しく響く力強い低音を生み出しました。また、銀メッキ端子と厳選された太いコードを採用することで、音声信号を正確にドライバーに伝達する仕様になっている。まさに帯域幅が広く中域もきちんと出る、ロックとヘヴィメタルの複雑さが伝わるヘッドホンの完成だ。

アイアン・メイデンヘッドホン

「『The Book of Souls』を製作するにあたって、ファンが聴く環境を考えた上で良いヘッドホンが欲しかった。レコーディングが始まる1年半も前から探していたが、求めているロックとヘヴィメタルに最適なヘッドホンが世の中に全く無かった。いくら探しても高域と低域を強調して、中域のニュアンスを疎かにする「ダンスミュージック向け」のヘッドホンばかりだった。探している音は、帯域幅が広く中域もきちんと出ていて、ロックとヘヴィメタルの複雑さが伝わるヘッドホンだった。オンキヨーにいる知り合いが「きっと求めている音を作れる」と言ってくれた。そこから共同開発を始め、求めている音を追及するために、周波数特性の違うドライバー、素材、コード材、端子類など、ありとあらゆる組み合わせを試し、パラメータの試行錯誤を行い、最適なバランスを見つけ出した。本当に最終仕様に満足している」

──スティーヴ・ハリス


アイアン・メイデンヘッドホン

アイアン・メイデンの最新アルバム『The Book of Souls』は、スティーブ・ハリスがED-PH0N3Sを使用してミキシングを行っています。

 

1月29日発売
Iron Maiden
『ステレオヘッドホン ED-PH0N3S』
39,800円(税込)

主な仕様
■ドライバ形式:ダイナミック(チタンコート振動版)
■ドライバ口径:40㎜
■再生周波数帯域:10Hz-27kHz
■重量:245g
■最大入力:800mW(JEITA)
■出力音圧レベル:105dB/mW
■インピーダンス:32Ω
■コード長:1.6m
■プラグ:φ3.5㎜ステレオミニプラグ
■同梱:φ6.35㎜(1/4インチ)標準プラグアダプター

 

All artwork (C) 2015 Iron Maiden LLP under licence to Maiden Audio Limited

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。

Tower Records Japan Inc.