こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

【追悼】フィル・ウッズ

掲載: 2015年09月30日 10:06

Phil Woods
photo Tom Marcello

Phil Woods フィル・ウッズ

1931年11月2日米国マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれ。チャーリー・パーカーの流れを汲むアルトの最高峰。

1948年ニューヨークに進出、レニー・トリスターノに師事。50年代はジーン・クイルとの2アルト・チームで好評を博した。

1950年代から1960年代にかけてディジー・ガレスピーやクインシー・ジョーンズのビッグ・バンドで花形ソリストを務めた。

1960年代初頭にベニー・グッドマン楽団の一員としてロシアを訪問。68年には渡欧、現地のリズム・セクションと組んだ名作を発表。

1970年代半ばから自己のクインテットを中心に活動を続けた。

ビリー・ジョエル「素顔のままで」のサックス・ソリストとしても知られる。

2015年9月29日、亡くなりました。享年83歳。御冥福を御祈り致します。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.