こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

無印良品のBGMがご家庭で楽しめる<暮らしの音楽>シリーズ

掲載: 2013年07月10日 17:15

更新: 2013年07月19日 11:30

kurashinoongaku

無印良品の店内BGMでおなじみの「無印良品BGMシリーズ」。これは世界各地の、時代を越えて愛され続けている現地の音楽を紹介している好評シリーズ。2001年から始まり現在『BGM18』まで計17枚を無印良品のみで販売(2013年5月現在)、大きな支持を得ています。内容は、様々な街の歴史や生活に根ざした有名な伝統曲(トラッド)を現地実力派ミュージシャンたちによって現地録音したもの。各地の空気や文化、生活感までをも感じさせるサウンドで、暮らしの中に密着している音楽のありかたを気付かせてくれるシリーズです。

この度、全国CDショップでもお求めいただける全国盤として、2013年6月発売分より未発表曲を大幅に加え、<暮らしの音楽>シリーズというタイトルで発売。まずは下記第1~3弾が登場!

 

本作は、2012年に『BGM 17』として発売されたアイルランド編で、ケルト音楽を収録。古代ケルト人の記憶を新たに発酵させ、懐かしの記憶へと誘う名曲とサウンド。リバーダンスのオリジナル・メンバー、ローナン・ブラウン(パイプ)他のミュージシャンが参加。

 

本作は、『BGM 7』として発売されたスコットランド編(グラスゴー録音)。親しみやすいメロディのケルト音楽を収録。ハープのデュオで美しいアンサンブルを聴かせるシーリスを始め、バグパイプ、ホイッスル他による、みずみずしい温かなサウンドばかりで編成。

 

本作は、『BGM 9』として発売された南イタリアのナポリ編。カンツォーネ・ナポレターナの人懐っこいメロディ、そしてナポリならではの生活感溢れる歌の数々を、マンドリンの陽気で切ない響きを中心に聴かせてくれる作品。