こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

「進撃の巨人」、後期OP曲決定&サントラ詳細も発表

掲載: 2013年06月10日 18:13

更新: 2013年06月10日 18:14

2013年春期TVアニメで、人気/注目度共に最も高い支持を得たと言っても過言ではない「進撃の巨人」。アニメの人気と共にオープニング曲“紅蓮の弓矢”を担当したクリエイター、RevoことLinked Horizonに視線が集まる中、7月10日に発売されるシングル『自由への進撃』に収録予定の“自由の翼 ”が、後期オープニング曲に決定。連載時から作品のファンだったというRevoがスタッフと綿密な打ち合わせをして完成した、疾走感溢れる楽曲に仕上がっているそうだ。前期・後期のオープニング曲が纏めて手に入る同シングルはファン必携の一枚だろう。なお、タワレコ・オリジナル特典で初回限定盤、通常盤ともに<描き下ろしチェンジング・ジャケット(リヴァイver.)>も決定。

また後期エンディング曲(タイトル未定)は、5月にメジャー・デビュー・アルバム『望郷』をリリースしたばかりの4人組ロック・バンド、cinema staffが担当する。メンバー全員で作品を読み込み完成させた渾身の書き下ろし作品とのことで期待が高まるが、こちらは追って公式サイトで詳細の発表がある模様。7月からスタートする後期放映は、OP/ED共に気鋭のアーティストを配し、音楽とアニメの世界観をリンクさせた拘りの人選となっている。

そして6月28日にリリースされるオリジナル・サウンド・トラックは、アニメ「戦国BASARA」シリーズ、「機動戦士ガンダムUC」、「青の祓魔師」「ギルティクラウン」などを手がける作曲家、澤野弘之が担当。ヴォーカルには澤野作品の常連である小林未郁らが参加、スコアも含めた全16曲を収録。

7月17日は早くも映像の第一巻がブルーレイとDVDでリリースされることも発表され、同アニメの快進撃は当分続きそうだ。