こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

特集

MY BEST 10──悠介(lynch.)

カテゴリ : スペシャル 

掲載: 2012年01月11日 18:00

更新: 2012年01月11日 18:00



悠介(lynch.)



lynch.



No.1 TK from 凛として時雨 「film A moment」 ソニー

No.2 9mm Parabellum Bullet 『Movement』 EMI Music Japan

No.3 MERRY 『Beautiful Freaks』 FIREWALL

No.4 RADIOHEAD 『The King Of Limbs』 _Xurbia_Xendless

No.5 COLDPLAY 『Mylo Xyloto』 Capitol

No.6 RADIOHEAD 『TKOL RMX 1234567』 Ticker Tape

No.7 the HIATUS 『A World Of Pandemonium』 フォーライフ

No.8 Kiyoshi Sugo 『Ao Akua』 CLUSTER

No.9 AUTOKRATZ 『Self Help For Beginners』 Bad Life

No.10 SOUTH CENTRAL『Society Of The Spectacle』 Pid



No.1〜10について

2011年を振り返ってみると、(残念ながらランクインしませんでしたが) レッチリやインキュバスなど、久々にリリースをするアーティストが多々あったような気がします。そのなかでも3年ぶりにリリースをしたコールドプレイの新譜は、個人的に特に素晴らしかったので5位に選ばさせていただきました。

そして、4位に選んだレディオヘッドは、2011年の初め頃から旧譜を聴き返していたというのもあって新譜を凄く楽しみにしていて、やはり期待を裏切らない期待以上の音を届けてくれました(トム・ヨークのダンスが観れる“Lotus Flower”のPVは衝撃的でした)。また6位のリミックスアルバムもこれまた絶品! がしかし、2011年は洋楽ロックよりも邦楽ロックのほうが個人的には印象に残った感じでした。

1位に選んだTK氏の「film A moment」は映像と音の作品でアルバムではないのですが、内容的にはアルバム以上の物だと思っていて、視聴覚を見事にやられたと共にTK氏のキャパシティーの凄さに脱帽した本当に素晴らしい作品でした。そして、2、3、7位に選んだ9mmやMERRY、そしてthe HIATUSも聴覚だけではなく心にも深く響いた熱い作品でかなり聴き込みました。

また2011年は、ロック以外にもエレクトロニックな踊れる曲を聴くことが多かったというのもあって、8~10位にはそちら方面のアーティストを選びました。特に8位のKiyoshi Sugo氏の『Ao Akua』に収録されている“Awaking”という曲はかなりのお気に入りでヘヴィーローテーションでした。



 

 

PROFILE/lynch.


葉月(ヴォーカル)、玲央(ギター)、悠介(ギター)、明徳(ベース)晁直(ドラムス)、から成る5人組ロック・バンド。メジャー・デビューを果たした2011年は6月にアルバム『I BELIEVE IN ME』を、11月にシングル“MIRRORS”をリリース。2012年は2月8日にライヴDVD「TOUR'11 ""THE BELIEF IN MY SELF"" TOUR FINAL ~il infelno~2011.09.04 at AKASAKA BLITZ」(キング)の発表を控えており、3月3日は東京・Zepp Tokyoでのワンマンライヴを予定している。

★lynch.『I BELIEVE IN ME』のインタヴューはこちらから。

★lynch.“MIRRORS”のインタヴューはこちらから。

インタビュー

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.