こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

特集

MY BEST 10——藤枝憲(Spangle call lilli Line)

カテゴリ : スペシャル 

掲載: 2011年12月21日 18:01

更新: 2011年12月21日 18:01



藤枝憲(Spangle call Lilli line)





No.1 MANTLER 『Fortune Smiled Again』 windbell

No.2 BENNY SINGS 『Art』 Dox

No.3 JAMES BLAKE 『James Blake』 Atlas/A&M

No.4 透明雑誌 『我們的靈魂樂』 Himalaya

No.5 RUMER 『Season Of My Soul』 Warner

No.6 Her Ghost Friend 『Her Ghost Friend』 cosmic couterpoint

No.7 Salon Music 『Sleepless Sheep』 felicity

No.8 aiko 『まとめI』『まとめII』 ポニーキャニオン

No.9 DEAS VAIL 『Deas Vail』 Gotee

No.10 HAUSCHKA 『Salon Des Amateurs』Fat Cat




No.1~10について

1、2位:今年聴きまくりのトップ2枚。どちらもオッサン風貌のSSW、でも最高。

3位:振り返るとやっぱりこれはランクイン。〈気分〉と〈タイミング〉って絶対に重要。

4位:今年は透明雑誌と放課後ティータイムで青春気分を取り戻した♡

5位:休日自宅で掃除とかしながら聴くのは少しコンサバなこういうの。現代版カーペンターズ。

6位:作業用BGMでずっと聴いてたんで多めの再生回数 in マイPC。特に3曲目“ルミナスモス ”が好き。

7位:邦楽だけどずっと聴くアルバム。もしかしたらサロンのなかでいちばん好きかも。

8位:唯一のマス的J-Popはaikoのベスト盤2枚。この人、奇跡的なポジションじゃない?っていつも思う。

9位:偶然、タワーの試聴機で知ったバンド。このアルバムは何気に良かった。

10位:音楽だけどほぼアート。たまにこういうのを聴かないと、気持ちがクサる。



 

 

PROFILE/Spangle call Lilli line


大坪加奈、藤枝憲、笹原清明によるユニット。2010年にシングル“dreamer”と2枚のオリジナル・アルバム『VIEW』『forest at the head of a river』をリリースし、レコ発ワンマン以降のライヴ活動の休止を発表。2011年は9月にEP『New Season』、10月にピアノ主体のセルフ・カヴァー・アルバム『Piano Lesson』(felicity)、11月に写真集+ライヴDVD「SCLL LIVE2」を連続リリースしている。

★Spangle call Lilli lineが所属するレーベル、felicityの特集はこちらから。

インタビュー

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.