海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

特集

ジャズの神様のお気に入り 中平穂積さん

カテゴリ : Exotic Grammar 

掲載: 2010年02月26日 16:32

更新: 2010年02月26日 17:05

ソース: intoxicate vol.84 (2010年2月20日発行)

text:髙平哲郎

Anthony Braxton

最近出たフリーダム・レーベルのフリー・ジャズのコンピュレーション・アルバムがいい。このレーベルは、ジョン・コルトレーンの死後、ジャズそのものが60年代の勢いを感じさせなくなってしまった74年に、60年代に出たヨーロッパのレコード会社の原盤を中心に再発するところからスタートした。ぼくがフリー・ジャズに興味を持つようになったのは植草甚一のジャズ・エッセイだ。『フリーダム・スウィーツ』と題されたこの二枚組みのCDの帯には、嬉しいことに、「フリーダム・レコードはジャズの勉強にとてもよい」……植草甚一―とある。見開きの紙ジャケットを開くと、19枚の懐かしいジャケット写真が並んでいる。特に、高校時代、高いお金を出して買ったデンマークのデビュー盤のアルバム(ぼくのはアメリカ盤だと思う)、『マイ・ネーム・イズ・アルバート・アイラー』と『カフェ・モンマルトルのセシル・テイラー』や、オランダのフォンタナ盤(これは日本盤で買った)のポール・ブレイの『タッチング』、テッド・カーソンの『ティアーズ・フォー・ドルフィー』のジャケットから目が離せなくなってしまった。

こんな話から始めると、半世紀ほど前に、モダンだ前衛だフリーだと騒がれていた、ジャズの全盛期のことを、あれこれ書きだすと思うかもしれないが、それはまたの機会か、別の人に書いてもらうことにしよう。今回、ぼくが話そうと思うのは、この新しいアルバムの裏表を飾る写真の撮影者、中平穂積さんの仕事と人となりだ。中平さんは、日本におけるモダン・ジャズの普及に全力を投じてきた人である。ぼくは、ジャズ・ファンの道を通るその途中で、何度か中平さんに出会ってきた。そこで、中平さんの話に行く前に、ぼく自身がモダン・ジャズにどうのめり込んできたかを話しておこう。

ぼくは60年代初頭、中学三年でジャズに興味を覚えて、高校一年で、初めてスイング・ジャーナル誌を買った。その雑誌で、ジャズを聴き始めて数年の植草甚一に出会う。まるで喋り言葉みたいな文章だった。その連載を二か月読んで、すっかりファンになり、ぼくのジャズの師匠はこの人しかいないと思った。ちょうどその頃、近くの古本屋でスイング・ジャーナルのバック・ナンバーを大量に売っていたので、三、四年先までさかのぼり、植草さんが同誌に書き始めた号からあるだけを買い占めた。親には参考書を買うと言って金をもらった。参考書には違いない。さて、ジャズは何を聞いたらいいのかわからないので、植草さんの勧めるレコードを聴くことにする。レコードは高い。そこでジャズのレコードを大音響で聴かせるジャズ喫茶に通うことになる。ジャズ喫茶というと、当時は、ACB(アシベ)とかドラムといったロックンロールを生で聴かせる不良の温床みたいなところだと大人たちは思っていたが、そこと区別するために、ぼくらは「ジャズの喫茶店」と呼んでいた。新宿で初めて行った店がDIGだった。二幸(いまのアルタ)裏のビルの細くて急な階段を上がったところにあった。ここのマスターが中平穂積さんだったのである。益子焼のコーヒーカップ、コークやジン・トニックを飲ませるブルーやグリーンの分厚い沖縄グラス、店内に飾られているジャズメンの写真と古い柱時計。何時間でもいたいお店。店中にマスターのセンスの良さがあふれていた。そこで恐る恐る目指すレコードをリクエストした。

ジャズのカッコよさは、ドラムやベースを基調にした音楽と、演奏する主に黒人ミュージシャンそのものだった。スイング・ジャーナルにはグラビアと別に、二つ折りのモノクロのミュージシャンの写真が綴じ込み付録のように付いていた。ジャズメンの写真はモノクロだという先入観が生まれたのは、この最初の出会いのせいだろう。これを切り取って、自分の部屋の壁を飾ったのはDIGの真似だった。親類の家にあった古い柱時計も、ぼくの部屋を飾ってくれた。銀座のイエナ書房で暮に出るヨアヒム・ベーレント監修のジャズ・カレンダーを買ってきたのは高校一年だった。そんな風にジャズに傾倒していくうちに、綴じ込みやグラビアの撮影者に中平穂積という名前に気づくようになる。

インタビュー

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.