こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

【応募受付終了】ロバート・パティンソンの神演技を世界が大絶賛!映画『グッド・タイム』プレスシートを10名様にプレゼント!

掲載: 2017年09月20日 14:00

更新: 2017年11月13日 14:42

ジョシュ&ベニー・サフディ監督 インタビュー掲載!(2017/10/10 更新)

『神様なんかくそくらえ』第27回東京国際映画祭 グランプリ&監督賞のW受賞
ジョシュ&ベニー・サフディ兄弟監督 最新作!
  

グッド・タイム
© 2017 Hercules Film Investments, SARL

11月3日(祝・金) シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

〈イントロダクション〉
監督は、『神様なんかくそくらえ』でニューヨークに暮らすストリートガールの破滅的な恋を鮮烈な映像とみずみずしい感性で描き、2014年・第27回東京国際映画祭グランプリと最優秀監督賞をW受賞した兄弟監督ジョシュ&ベニー・サフディ。
最新作『グッド・タイム』は、第70回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門正式出品作に選ばれ、彼らサフディ監督にとっては、カンヌのコンペ初登場作品となった。
主演は、『トワイライト』シリーズで一躍世界的に有名になり、その後『ディーン 君がいた瞬間(とき)』(アントン・コービン監督)、『コズモポリス』(デヴィッド・クローネンバーグ監督)など、著名監督の作品にも次々出演してきた人気俳優ロバート・パティンソン。容姿端麗で紳士的な役どころの多かったパティンソンが、本作ではニューヨークの最下層で人の道を外しながらも、投獄された弟を助けようともがく孤独な男コニーを演じ、カンヌ映画祭では“パティンソンのキャリア史上最高の演技”と称賛された。コニーの弟ニック役にはベニー・サフディが監督と兼任し出演している。他、『ヘイトフル・エイト』のジェニファー・ジェイソン・リー、『キャプテン・フィリップス』のバーカッド・アブディが共演。音楽にも監督自ら力を注ぎ、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(OPN)に音楽制作をオファー。生ける伝説のロックスター、イギー・ポップも参加したサントラで〈カンヌ・サウンドトラック賞〉を見事受賞している。

グッド・タイム

© 2017 Hercules Film Investments, SARL

 

〈ストーリー〉
ニューヨークの最下層で生きるコニーと弟ニック。2人は銀行強盗を行うが、弟だけ捕まり投獄されてしまう。コニーは言葉巧みに周りを巻き込み、夜のうちに金を払って弟を保釈するよう奔走する。しかしニックは獄中で暴れ病院送りになっていた。それを聞いたコニーは、病院へ忍び込み警察が監視するなか弟を取り返そうとするが---。

監督:ジョシュ&ベニー・サフディ 『神様なんかくそくらえ』
出演 :ロバート・パティンソン『トワイライト』、ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』、ベニー・サフディ(監督兼任)、バーカッド・アブディ『キャプテン・フィリップス』
脚本:ロナルド・ブロンスタイン&ジョシュ・サフディ
2017/アメリカ/カラー/英語/100分
原題:GOOD TIME  配給:ファインフィルムズ
© 2017 Hercules Film Investments, SARL
■公式サイト:www.finefilms.co.jp/goodtime


line

ジョシュ&ベニー・サフディ監督 インタビュー

グッド・タイム

(c)BRIGITTE_LACOMBE

●『グッド・タイム』のストーリーができるまで (ジョシュ・サフディ監督)
コニーは、リアリティ番組「全米警察24時 コップス」に出てくるような低レベルの犯罪者をイメージしました。コニーの中にある切望やもろさに私はとても心惹かれますが、それはロバート・パティンソンが本来持っているものでもあると思います。ロバートはロンドンの郊外出身ですが、NYクイーンズの荒々しい世界に溶け込む必要がありました。だから彼は誰よりも苦労していましたよ。なのでロバートは脚本を書き始める前に何カ月もかけて、コニーという人物を作っていきました。

(劇中描かれない)コニーの生い立ちは、刑務所に入ったことで兄弟は離れ離れになり、多くの受刑者と同様にコニーも、どこで道を誤ったのかと考え始めます。そして出所後、弟に償いをすることだけが彼の人生の目的となるのです。2人の自由を確保し、役所の調査や最低賃金労働、その他の落とし穴に満ちた希望のない世界から、弟を連れて抜け出す方法を探していたのです。皆、クイーンズ出身であることを誇りにして語るけれど、クイーンズを出て大都会に住もうと努力しているのも事実。決してカッコいい場所ではないのです。『グッド・タイム』は「うまくいかない一夜」を描いた作品ではあるけれど、純粋に登場人物と彼らが置かれた状況から生まれたものです。私たちは、100分ある上映時間のうち1分1分の登場人物たちの行動すべてにこだわりました 。

音楽にもこだわりがあります。映像で見える要素のすべてに、“それぞれの音”があり、コニーがあるシーンで着ているオレンジのパーカーにも音があります。音楽は、作品のもう1人の登場人物なのです。イギー・ポップが歌詞を書いたエンディングの歌「The Pure and the Damned」で、イギーは兄コニーを罪深い者(damned)、弟ニックを純粋な者(pure)としました。彼は“純粋”な人だけでなく“罪深い”人も、愛ゆえに行動を起こすということを示唆している。イギーの「もつれた紐から自分自身をほどく」という歌詞を聞いて、分かり始めたことがあります。コニーは、ただその紐に絡まっているだけなのだと。銀行強盗は、弟を元気づけ、純粋に人生を味わわせるための方法だった。彼には目標とする兄弟の理想像があり、それはただ、楽しみたい(have a Good Time)ということだった。どれだけ多くの人に邪魔されようとね。

●多才な顔を持つ弟 (ベニー・サフディ監督)
本作に出てくるコニーとニックのどこまでもとことん兄弟を守りたいという気持ちは、十分理解できます。この考えは、子どものころから私たちの頭に叩き込まれていましたから。子ども時代はとても騒々しく劇的状況に満ちていて、私たちは互いの人生で唯一変わらずそこにいる存在だったのです。

私がニック役を演じると決まってから、創作プロセスはスピードを上げて進み出しました。ロバート・パティンソンと私はコニーとニックとして何週間も文通を続け、兄弟になりきって人生について語り合いました。互いに役立つ深い物語を作りましたよ。ロバートにとっては、コニーの過去の話をより深く創り上げることができ、私はニックが取る行動の動機をより理解することができました。ニックはどんな状況でも、邪魔されず1人でいられる限り機嫌がいいのです。周りの人々に立ち向かうこともできますが、刑務所に入ってしまうと自分の限界が分からなくなってしまいます。行動が引き起こす結果というものを、理解できないのです。

ニック役はとても苦労しました。役に入った状態で共同監督としての仕事もこなしていましたから。ある種の感情がなく、発せられない言葉もあるという役柄でしたからね。スクリーンテストをして初めて、カメラに映る自分の肉体が力強いことに気がつきました。模索中だった別の役のためにボクシングを始めており、体重も増えていました。今こそこの肉体を使うときだと思いましたね。ニックの特徴は、その存在感に表れます。押し倒したり、無視したりできるような相手ではない。だからこそ彼の気性は激しく複雑なのです。自分の力強さを認識してはいるけれど、それを使うタイミングを完全にコントロールすることができないのです。

line

サウンドトラックにも注目!
2017年度カンヌ国際映画祭にて、ジョニー・グリーンウッドやフェニックス、ジェド・カーゼル、イブラヒム・マーロフといった名だたるミュージシャンや作曲家たちを抑え、カンヌ・サウンドトラック賞を受賞したワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(Oneohtrix Point Never)ことダニエル・ロパティン(Daniel Lopatin)が、受賞作である映画『GOOD TIME(原題)』のサウンドトラックをリリース!
『GOOD TIME』サウンドトラックの特集ページはこちら

line

タワーレコードメンバーズ限定!映画『グッド・タイム』非売品映画プレスシート(三つ折り)を抽選で10名様にプレゼント!

応募はこちらから

記事ナビ

  • 【応募受付終了】ロバート・パティンソンの神演技を世界が大絶賛!映画『グッド・タイム』プレスシートを10名様にプレゼント!
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.