こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

最大50%オフ!フリーソウル (Free Soul) 国内盤アナログ 数量限定セール

カテゴリ : セール 

掲載: 2017年05月02日 18:46

Free Soul

 

聴いて良し!飾って良し!Free Soulを代表する名盤・定番16タイトルの国内盤LPが数量限定で最大50%オフ!

 

Free Soul

 

Coke Escovedo『カミン・アッチャ』

イントロのブレイクに軽やかに切れ込んでくる、心地よいワウのかかったギター・カッティングがグルーヴィーな、ジョニー・ブリストルの名曲「I Wouldn’t Change A Thing」の極めつけの傑作カヴァーを収めた1976年のセカンド・ソロ。思わず腰が動くダンスフロアを揺るがすファンク・チューン「Runaway」、小気味よいパーカッションが爽やかなホセ・フェリシアーノ作の「Stay With Me」も。(1976年)

 

Free Soul

 

Minnie Riperton『パーフェクト・エンジェル』

シカゴ出身のパーフェクト・エンジェル、ミニー・リパートンの『Come To My Garden』後の再デビュー盤にして1974年の金字塔。永遠の名ラヴ・ソング「Lovin’ You」はもちろんのこと、ドリーミーな「Take A Little Trip」、メロウでラヴリーなタイトル・ナンバーなど、すべてが名曲揃いのエヴァーグリーン盤。サウンド・プロデュースは彼女がバック・コーラスを務めていたこともあるスティーヴィー・ワンダーだが、権利関係でクレジットは変名。(1974年)

 

Free Soul

 

Jackson Sisters『ジャクソン・シスターズ』

鮮烈なホーン・セクションとファンキーに刻まれるギターが印象的な究極のレア・グルーヴ・クラシック「Miracles」を収録した1976年のアルバム。典型的なノーザン・ソウル・スタイルの盛り上がりに心弾む「Boy You're Dynamite」、情感に富んだ豊かなヴォイスで高らかに歌われる「Day In The Blue」も、ジョニー・ブリストルと彼女たちの天性の輝きが生んだ永遠不滅の傑作。(1976年)

 

Free Soul

 

Syreeta『シリータ』

淡い光の中で潮騒を聴きながら、裸足で軽く微笑むシリータ。ジャケットからあふれる愛と優しさに満ちたイメージそのままの1972年作。当時、愛を育んでいたスティーヴィー・ワンダーが全編にわたりプロデュース、ほとんどの楽器演奏も手がけている。特にスティーヴィーのカヴァー「I Love Every Little Thing About You」は、クラヴィネットも軽やかに、伸びやかに歌うシリータに幸福な気分が訪れる名曲。柔らかな光を浴びるような。(1972年)

 

Free Soul

 

The Brady Bunch『ミート・ザ・ブラディ・バンチ』

まだ初恋しか知らないようなブラザー&シスター3+3が出会った、キャンディー・スマイル・ソフト・ロックの素敵なモニュメント。他愛ない小さな恋のメロディー、そこにある本当のきらめきに気づかせてくれる最高にイノセントなハーモニー。ハッピーに弾み、熱く胸を焦がす極めつけの名曲「I Believe In You」、甘く切ないミレニウムのカヴァー「I Just Want To Be Your Friend」。たとえ夢みる頃を過ぎていても。(1972年)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.