こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

〈SUMMER SONIC 2016〉出演!ウィーザー、2年振り移籍第1弾アルバム

タグ : PUNK/EMO 

掲載: 2016年03月31日 17:34

Weezer

ワーナー内、クラッシュ・ミュージック・レーベルからの初リリースとなる、ウィーザー10枚目のオリジナル・アルバム!
前作『エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド』以来2年ぶりとなる今作は、通算4枚目となるセルフ・タイトル『ウィーザー』。
ジャケットの色味からそれぞれ『ブルー・アルバム(青)』『グリーン・アルバム(緑)』『レッド・アルバム(赤)』と認識されてきたが、今回は『ホワイト・アルバム(白)』。ザ・ビートルズの同名アルバムが時代を超えて評価される大傑作となっていることから、このタイトルを冠するのは、相応の覚悟があるに違いなく、逆にいえば、今作品に対するバンドの揺るぎない絶対的な自信が感じられる。プロデューサーはジェイク・シンクレア(パニック!アット・ザ・ディスコ、フォール・アウト・ボーイ)。今作についてリヴァース・クオモ(vo/g)は「今作は僕たちバンドのホームである LA 西海岸をふらついているときにインスピレーションを受けたんだ」と語る。本作からのファースト・シングル “サンク・ゴッド・フォー・ガールズ” は、既に複数のジャンルでチャート入りを果たし、全米オルタナティブ・ラジオのトップ10にチャートイン。少年期のリヴァースを彷彿とさせる眼鏡の男の子が出演している MVが話題の “L.A. ガールズ” など、彼らのホーム・タウンであるカリフォルニアの空気が目いっぱいつまった、ウィーザー節全開のポップ・アルバムに仕上がっている。日本盤のみボーナストラック1曲収録!

 

 

 

※輸入盤20%オフ!

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.