こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

〈2015年バイヤーレコメン!〉2016年ブレイクアーティスト予測!

カテゴリ : キャンペーン 

掲載: 2015年12月25日 18:00

 

★バイヤーが選ぶ2016年ブレイクアーティスト予測〈J-POP/J-インディー編〉
~2016年はこのアーティストに注目!

sympathy  『トランス状態』

2014年春に高校を卒業したばかりの、高知出身の女子4人組によるミニ・アルバム。2000年代も遠くになりにけり。相対性理論が響かせた不安フルなポップ感を勝手流に咀嚼したギターロックに着地。前のめりになりすぎてコロコロと転んでいくことも厭わないでも痛いのヤダ、そんなテヘペロ的な若さの失せていない次作を待っている。

 

Ykiki Beat   『WHEN THE WORLD IS WIDE』

2014年9月リリースの7インチ『Forever』で話題に、今年その話題の楽曲を含むこのファースト・アルバムを発表。世界基準レベルのクオリティでJ-Indiesから欧米ポップ・ファンまで注目を集める。松岡モナ出演のCM、ソニー「h.ear×WALKMAN」では前述の“Forever”が使用され大ブレイクの予感。

 

石膏ボーイズ 『星空ランデブー』

2016年1月に放送開始、TVアニメ『石膏ボーイズ』。テーマ曲を歌う“石膏ボーイズ”には、超豪華男性声優陣が集結!作詞はアニメ界隈でも話題の宅録女子“ボンジュール鈴木”、作編曲は全てが謎のベールに包まれたダンス・ミュージック・プロデューサー“満寿田ムーブマン”!一度聴いたらクセになります。要注目作!

 

 

★バイヤーが選ぶ2016年ブレイクアーティスト予測〈K-POP編〉
~2016年はこのアーティストに注目!

UP10TION  『Top Secret: 1st Mini Album』

2015年後半デビュー組のTEENTOPの弟分、10人組ボーイズ・グループUP10TION(アップテンション)。10人10色の個性と魅力で歌とパフォーマンスだけではなく、ビジュアルや演技、そしてバラエティ・センスなどで、次世代のボーイズ・グループになることを目指している期待値大の注目株。

 

N.Flying  『Lonely: 1st Single』

FTISLAND、CNBLUEに続く後輩のボーイズ・バンド。ラップ×ロックの融合によるミクスチャー系の4人組。先輩達のオープニング・アクトはもちろん、ライヴ経験も豊富な実力派。遂に2016年には日本デビューも決まり益々注目が集まる。ちなみにドラムのキム・ジェヒョンの姉はRAINBOWのジェギョンという美形姉弟。

 

April (Korea)  『Dreaming: 1st Mini Album』

2015年8月デビュー。昨年のガールズ・グループはセクシー路線旋風が渦巻いていたが、今年は一変して清純派グループが続々登場。そんな中でも2014年のKARAの新メンバーを選ぶオーディションでの候補グループ、“BABY KARA”のメンバーを中心に構成されたApril(エイプリル)は清純派グループの大本命と言える。

 

 

★バイヤーが選ぶ2016年ブレイクアーティスト予測〈ロック/ポップ編〉
~2016年はこのアーティストに注目!

Halsey  『バッドランズ』

エリー・ゴールディング+ラナ・デル・レイ+ロード+リアーナ!? グラミー賞のノミネートも噂される「時代を創る」若きアーティストに刮目すべし!全米アルバム・チャート2位、全英アルバム・チャート9位を獲得したファースト・アルバム!

 

Hinds  『Leave Me Alone』

NME、Pitchforkで大絶賛され、Palma Violets,Vaccines等UKのバンドマンたちの万全なバックアップを得て、マドリッドから世界に飛び出した無敵の4人組=ハインズ。今っぽいDIYなローファイ・ガレージ・サウンドと太陽のような彼女たちのナチュラルな魅力が大炸裂したデビュー・アルバム!

 

James Bay  『カオス&ザ・カーム』

全英1位デビュー!そして第58回グラミー賞にて最優秀新人賞、最優秀ロック・ソング、最優秀ロック・アルバムの3部門にノミネート!魂のSSW=ジェイムス・ベイのデビュー・アルバムが国内盤化!エド・シーラン、ホージアなどのファンには刺さるに違いないブリティッシュ・フォーキー・ポップが濃縮された内容です。

 

 

★バイヤーが選ぶ2016年ブレイクアーティスト予測〈ソウル/ヒップホップ編〉
~2016年はこのアーティストに注目!

Dornik 『ドーニク<初回限定盤>』

ディスクロージャーらが所属するレーベル、PMRと契約したロンドン出身のシンガー/プロデューサー、ドーニクのデビュー・アルバムは、彼のインナー・ソウルを音源化したような、エレクトロニクスの蜃気楼を通して聴こえてくるかのような、クラシックなファンクの要素に満ちたメロディーを味わえる。次回作に大期待。

 

Kwabs   『Love + War』

ガーナ系のルーツを持つディープなソウルフル・ヴォイスのクワブスは、英国音楽シーンで次に来る新人アーティストを予測するバロメーター「BBC SOUND OF 2015」(アデル、サム・スミスも受賞)や、「MTV's Brand New For‘2014’Nominees」にも選出された。

 

Leon Bridges  『Coming Home』

リオン・ブリッジズのデビュー作『Coming Home』は、時間軸を思わず忘れてしまう。その甘い歌声、クラシックなソウル・マナーに忠実に、クールにスーツを着こなすスタイル。往年のソウル・ミュージックのファンの方にも聴いていただきたい、レトロ・ソウルの注目シンガー。2016年のさらなる飛躍が楽しみ。

 

 

★バイヤーが選ぶ2016年ブレイクアーティスト予測〈クラブ編〉
~2016年はこのアーティストに注目!

Dvbbs  『DVBBS - Special Japan Edition -』

世界中のビッグ・フェスで引っ張りだこ!日本にも〈electrox〉で来日するなど既にブレイクしていますが、彼らの人気楽曲を集めた日本限定アルバムが遂にCDで登場。ポップな歌ものEDMや、過激なライヴ・パフォーマンス同様のバンギンなドロップ曲「Immortal」など代表曲を網羅。2016年、日本で更に人気を高めそう!

 

★バイヤーが選ぶ2016年ブレイクアーティスト予測〈映画/ドラマ編〉
~2016年はこの俳優に注目!

坂口健太郎

モデルではあるが、2015年公開の「ヒロイン失格」「俺物語!!」に出演し、一気に知名度は上がったと思う。その前にも脇役ではあるが映画出演経験もあり、2016年は役者としても注目したい!

 

ディーン・フジオカ

NHK連続テレビ小説「あさが来た」五代友厚役で出演中。役どころもおもしろいが、ご本人のSNSなどを見ていてもおもしろい&かっこいいです。2016年1月からTBSで放送されるドラマ『ダメな私に恋してください』にも出演が決定している。今後の日本での活躍も期待したい。

 

すち子&真也

関西では大ブレイクしているかと思いますが、個人的にはもっと全国的にブレイクしたらおもしろいのに!と期待を込めて選出。ビッキーズの頃から好きなので、色んな歌番組とか、関東のバラエティー番組で見れることを期待しています!

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.