こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

【追悼】ロック界最重要アーティスト=デヴィッド・ボウイ

タグ : UK/US INDIE 

掲載: 2015年11月27日 17:11

更新: 2016年01月12日 11:00

David Bowie

2016年1月10日、英国及び世界を代表するロック・アーティスト=デヴィッド・ボウイが、ガンのため、18か月にわたる闘病生活のすえ永眠した。

60年代にデビューしたのち、全英5位のシングル“Space Oddity”を収録した『Space Oddity』(69年)等を経て、『Hunky Dory』(71年)が全英アルバム・チャート3位を記録。次いで72年にリリースされた代表作『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』でその評価を決定的なものとし、翌年に発表された『Aladdin Sane』(73年)で全英首位を獲得。以降も『Pin Ups』(73年)、『Diamond Dogs』(74年)、『Young Americans』(75年)、『Station to Station』(76年)と、大胆なまでに音楽スタイルを変節させながら、ほぼ一年毎に驚異的な名盤を連発していく。〈ベルリン3部作〉と呼ばれる『Low』(77年)、『Heroes』(77年)、『Lodger』(79年)にはブライアン・イーノが参加。80年代に入ると、ナイル・ロジャースをプロデュースに迎えた大ヒット作『Let's Dance』(83年)で、デヴィッド・ボウイの名前を更に広く知らしめる。80年代後半には、バンド=ティン・マシーンを結成し2枚のアルバムを残す。90年代に入っても再びナイル・ロジャースを迎えた『Black Tie White Noise』(93年)、ブライアン・イーノを迎えた『Outside』(95年)などの傑作を発表。来日も果たした、『Reality』(2003年)リリース後のワールド・ツアー渦中に倒れ、緊急入院。以降の活動が途絶え引退説も囁かれるなか、2013年に10年振りとなるアルバム『The Next Day』を発表。全英1位、全米2位を獲得し劇的な復活を果たす。回顧展『David Bowie is』が開催され話題を集めるなか、自身の69回目の誕生日にあたる、2016年1月8日(金)にニュー・アルバム『★』(読み方:ブラックスター)がリリースされたばかりであった。
フォーク、グラム・ロック、パンク、ニューウェイヴ、フィリー・ソウル、ディスコ、エレクトロニック・ミュージックなど時代と共に変節を遂げる多彩な音楽性と、膨大な解釈が可能な機知に富む歌詞で、英国のみならず世界のロック・シーンに多大なる影響を与えた。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

オリジナル・アルバムはこちら(発売日年代別でお探しいただけます。)

1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代

 

ライブアルバム、サントラ、映像作品、関連書籍などはこちら

ライヴアルバム他 出演映画作品 映像作品 関連書籍 レコード

 

 

 

特集ページ

デヴィッド・ボウイ、69~73年の5年間を12枚組に編纂した紙ジャケBOX
デヴィッド・ボウイ、リリース40周年記念ピクチャー・ディスク・シリーズ
デヴィッド・ボウイ、オフィシャルTシャツ

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.