こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

DIGGIN' JAMES BROWN mixed by MURO発売記念! MUROに聞く10問10答

カテゴリ : キャンペーン 

掲載: 2015年11月26日 11:34

JB X MURO

2013年に特集した『DIGGIN' JAMES BROWN』の発売記念!MURO氏に聞く10問10答&JBレコメンを再掲載!

DJ MURO:“KING OF DIGGIN”として世界にその名を馳せているDJ/プロデューサー/ラッパー。1980年代後半からDJ KRUSHらとともにKRUSH POSSEとして活動し、1990年代にはTWIGYらとMICROPHONE PAGERを結成。日本におけるヒップホップカルチャーを根付かせ、日本語ラップの"改正"を唱えながらシーンを進化させていった。これまでクラシックとなる楽曲やミックスCDを多数リリースし、国内のみならず世界中のアーティストからその音楽知識の深さに定評を得ている。2011年5月にセレクトショップ"DIGOT"を渋谷ファイヤー通りにオープン。

 

2013年、生誕80周年を迎えた故ジェームス・ブラウン。彼を愛してやまないKING OF DIGGIN'、MUROがJBの音源を絶妙なセンスでセレクト、ミックスした日本独自企画盤が登場。収録曲数は何と43曲!昨今では入手しづらいかなり貴重な音源も満載。ジェームス・ブラウンを知らない人も興味がない人も、これを聴けば必ず、ジェームス・ブラウンが好きになる!

 

▼DIGGIN' JAMES BROWN mixed by MURO発売記念! MUROに聞く10問10答

◆まずは、DIGGIN' JAMES BROWN mixed by MUROについて

――ファンには堪らない、02年に手がけた企画盤『JAMES BROWN Ultimate Remixes』の収録曲「FUNKY DRUMMER(Listen to the Muro mix)」以来の(オフィシャル企画では)KINGとKINGの競演です!本企画に参加した経緯とか(JB生誕80年ヘの)思いとかがあれば教えてください。

MURO「僕にとってはJBは、全てのきっかけをくれた神様の様な人なので、制作している間は本当にこのMIXの事しか考えていない位に集中しました。」

――アーティスト縛りのオフィシャルのMIXCDですと、『DA CREATOR』でのセルフ・インスト、クレイジーケンバンド、ボブ・マーリー、そして今回のジェームス・ブラウンだと思いますが、アーティスト縛りでのミックスの面白さや逆に難しい点などがあれば教えてください。

MURO「MIXするアーティスト達の歴史を、楽曲を通じて見直せるのが毎回楽しみです。難しい点は、複数のレーベルからリリースをしているアーティストの場合、レーベルによって許諾が取りづらい場合があったりする事です。」

――本作での選曲の基準や自身の中でテーマなどがあったら教えてください。

MURO「今回の企画は、JAMES BROWN氏の生誕80周年を記念してという事だったので、JB'Sやファミリー、そしてプロデュースの音源は使用せず、JAMES BROWN名義の音源だけでMIXしました。」

――オフィシャル盤でレゲエのレジェンド、ボブ・マーリーとファンク&ソウルのキング、ジェームス・ブラウンをMIXCDでリリースされているのはおそらく、MUROさんだけだと思いますが、次、やるならばこのアーティスト!とかあれば教えてください。

MURO「ファンカデリックやパーラメントを中心としたP-FUNKのMIXやチャックブラウンやソウルサーチャーズ、トラブルファンクなどで構成するGO-GOのMIXなんかも面白そうですね。」

◆さらに、ジェームス・ブラウン本人について、オススメアルバムをレコメンしていただきました。

――MUROさんとジェームス・ブラウンとの出会いを教えてください。

MURO「中学校の頃に観た、映画『ロッキー4』やPARCOのCMだったと思います。」

――ジェームス・ブラウンとの思い出がもしあれば教えてください。

MURO「学生時代、親父の弟に来日ライブに連れて行って貰った事です。」

――MUROさんが思うジェームス・ブラウンのスゴイところ(魅力)を教えてください。

MURO「長き時期に渡り、その時代の音を築きあげ、様々な問題に対してシャウトし続けてきた革命家。」

――今の時代にジェームス・ブラウンを感じるアーティストは居たりしましたら是非ご紹介してもらえますでしょうか。

MURO:「オーサカ=モノレール」

――ジェームス・ブラウンの楽曲をを使用したヒップホップで好きな曲を3曲挙げるとしたら何になりますか?

◆ULTRAMAGNETIC MC'S「GIVE THE DRUMMER SOME」

MURO:この曲で、ドラムの格好良さ。重要さを学んだ。

 

◆BIG DADDY KANE ft BIZ MARKIE「JUST RHYMIN' WITH BIZ」

MURO:この曲でループ美学を学んだ。

 

◆BRAND NUBIAN「ALL FOR ONE」

MURO:この曲でサンプリングマジックを学んだ。

 

――ジェームス・ブラウンのオススメアルバムを5枚選ぶとしたら何になりますか?

James Brown『IN THE JUNGLE GROOVE』

MURO:B-BOYには、昔からバイブル的な1枚。

 

James Brown『MOTHER LODE』

MURO:レアトラック多数収録した、88年リリースの名盤。

 

James Brown『REVOLUTION OF THE MIND』

MURO:ライブ盤として、革命的な格好良さを誇る1枚。

 

James Brown『THE PAYBACK』

MURO:タイトル曲を始め、ヘッズにはお馴染みの曲やフレーズが収録された名盤。

 

James Brown『HELL』

MURO:地獄から鳴り響くファンクを感じる1枚。

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.