海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

カテゴリ : キャンペーン 

掲載: 2015年11月04日 16:54

更新: 2016年03月23日 15:00

 

創_第2回_Kansano

kan sanoが選ぶオススメアルバム5選

 

Jazzanova『in between』

Laptopでトラックメイクを始めた二十歳頃に聴いて衝撃を受けました。綿密にプログラミングされたビート、サンプリングボーカル、生楽器が有機的に絡み合い、ドラマチックに展開していく冒頭に打ち込みの可能性を感じました。

 

SilhouetteBrown『シルエット・ブラウン』

ひとつのシーンや流れができると必ずそれとは違う方向に向かう人が現れるわけで。当時ブロークンビーツシーンをリードしていたDegoのdown tempoでチルなリスニングアルバム。この頃のDegoは冴え渡ってる。研ぎ澄まされたビートに美学を感じます。

 

Q-Tip『The Renaissance』(現在、お取扱いしておりません。)

サウンドのカラフルな色彩感に惹かれます。未だによく聴くし、聴けるアルバム。コードワークが今っぽいなと思ってたら、後にロバートグラスパーの参加を知り納得した記憶があります。

 

Flying lotus『until quiet comes』

音楽的で映像的。美しくも狂気のサウンドビジョン。丁寧に構築されているのに突発性があってどこか即興的。10年後に聴いたらまた発見がありそうです。

 

Yesterdays New Quintet『Yesterday's Universe』

YNQ作品は70年代マイルスの延長にある気がする。MadlibとFlying Lotusはブラックジャズの血を受け継ぎ実践してる稀有な存在だと思う。幸運にもMadlibとセッションしたことがありますが、とても穏やかな優しい人で、音楽への静かな情熱と愛情を感じました。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.