こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

カテゴリ : キャンペーン 

掲載: 2015年11月04日 16:54

更新: 2016年03月23日 15:00

 

創/sou

Shing02が選ぶオススメアルバム5選

 

The Pharcyde『Bizarre Ride II the Pharcyde』

J-Swiftによるサンプリング主体のトラックの素晴らしさと、4MCの高い声質の混ざり具合が斬新だったThe Pharcydeのファーストアルバム。雰囲気に酔い知れることが出来る、多くのヘッズには青春の一枚。自分もカセットを借りて聴き込んだのが懐かしい。

 

Souls Of Mischief『93 'Til Infinity』

ベイエリアのクラシックと言えば、Heiroglyphicsクルーの中でも勢いのあったSouls of Mischiefのファースト。"93 'Til Infinity”から20年以上経ち、いつ聴いても色褪せないとはこの事。いや〜本当に良い年だったな。

 

Del The Funky Homosapien『I Wish My Brother George Was Here』

Ice Cubeの従兄弟でもあるDel The Funky Homosapienが十代の時にリリースしたデビューアルバム。彼独特のラップスタイルは全くブレることが無く、音楽性を高めながらもキャリアを積み上げて行く所が素晴らしい。心の師匠です。

 

Saafir『Boxcar Sessions』

Casualとの本気ラジオバトルでも一躍注目を浴びたSaafirの変則的フロウは聴き込むほど味が出るし、声も含めカッコ良過ぎる。初めて聴いた時は全体的にドロドロしていて驚いたが、特にBattle Drillはトラックだけでも恐ろしいのに、ラップのハマり方が尋常ではない。彼がドラムトラックを攻めて行く姿勢は本当に参考になった。

 

Freestyle Fellowship『Innercity Griots』

西海岸のオリジネーターとも言えるFreestyle Fellowshipのトラックが研ぎ澄まされたセカンド。それぞれのソロ作も凄いが、LAのラップ四天王による崇高なボキャブラリと全開フロウは洒落抜きで未だに追随を許さない。同じステージに立つだけで恐縮するのはこの人達だけ、と言っても過言では無い。

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.