こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

タグ : 勝手に!?映画祭 

掲載: 2015年10月09日 13:06

更新: 2015年11月10日 11:29

24歳。書店員だったボクは、ある日突然坊さんになった。

ボクは坊さん。

日々迷いも不安もある。そんなボクが、24歳でお寺の住職になり、自分の道を見つけるまで。
白方光円、24歳。突然の祖父の死をきっかけに、四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になったばかり。この寺で生まれ育ったけれど、住職として足を踏み入れた“坊さんワールド”は想像以上に奥深いものだった!
初めて見る坊さん専用グッズや、個性豊かな僧侶との出会いにワクワクしたり、檀家の人たちとの関係に悩んだり。お葬式や結婚式で人々の人生の節目を見守るのはもちろん、地域の“顔”としての役割もある。職業柄、人の生死に立ち合うことで“生きるとは何か? 死ぬとは何か?”と考えたりもする。坊さんとしての道を歩み始めたばかりの光円に何ができるのか。何が伝えられるのか。光円は試行錯誤を繰り返しながら、人としても成長していく…。

ボクは坊さん。

演技派キャスト&『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが、「栄福寺」住職の実体験をもとにした原作を映画化!
24歳で突然坊さんになった主人公・白方光円を説得力たっぷりに演じるのは、シリアスからコメディまで幅広くこなす演技派・伊藤淳史。温かく人情味にあふれ、“こんな坊さんに近くにいてほしい”と誰もが思うような、魅力的な光円像を体現している。光円を取り巻く人々を演じるのは、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、そしてイッセー尾形など、個性的なキャストたち。それぞれに味わい深い演技で各キャラクターを好演。感動のドラマを盛り立てる。
原作は、栄福寺の住職・白川密成氏が実体験を生き生きとつづった話題の書籍「ボクは坊さん。」。糸井重里氏が主宰するWEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年間にわたり連載されていた人気エッセイが、書籍化を経て、満を持しての映画化となる。監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日’64』で監督助手を務めるなど、第一線の現場でキャリアを積んできた新鋭・真壁幸紀。待望の長編監督デビュー作で、笑いあり涙ありの心温まるエンターテインメントを作り上げた。スタッフも、日本アカデミー賞最優秀撮影賞を3度受賞している撮影の柴崎幸三をはじめ、『ALWAYS』シリーズのベテランがずらり。スクリーンに映し出される四国や高野山の美しい風景も、本作の見どころの一つとなっている。

<キャスト>
伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形

<スタッフ>
原作:白川密成
監督:真壁幸紀
脚本:平田研也 
音楽:平井真美子 
主題歌:吉田山田「Today, Tonight」

配給:ファントム・フィルム
©2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会

10月24日(土)より、全国ロードショー
10月17日(土)、四国エリア先行ロードショー

公式サイト:http://bosan.jp/
twitter:https://twitter.com/bosan_movie
facebook:https://www.facebook.com/bosanmovie

この作品を見てすぐ、お坊さんとかお寺とかに興味がわいてしまい、お坊さんと話したい!と思ったのですが…早々話せるものなのか…と思っていたら、そういえば実家がお寺の子がいた!と思いだし、すぐに久しぶりに連絡を取り、話を聞きました。題材になっている栄福寺とは宗派が違うようですが、知人は本格的には住職をしている訳ではなく、主人公のように最初から住職ではなく、自分で接骨院をしながらお寺の仕事をしているようで、ますます主人公じゃないか…!と。
映画で気になった事などを話ながら、お寺ではどんな事をするのかなど、色々話した中で印象的だったのは、普段あまり接点がないけど、接骨院のお客さんが、行事などでわからない事を気軽に聞いてくれるので、住職である親からはうらやましいと言われるそうです。
作品の中でも主人公が演仏堂を建て、人々との交流をというシーンがあります。担当もそうですが、いざ、何か聞いてみたい、話してみたいと思っても、敷居が高く感じ聞きにくい…というのが事実あると思います。でも、この映画の主人公や、知人などに出会うとそんなことはないのだなと実感しました。
あと、やはりお話する機会が多いのか、話していた楽しかったです(笑)
知らない世界を知れるきっかけにはこの作品は十分楽しめる内容だと思いますし、この映画をきっかけに、日本の行事や、お寺の事、住職の事などに興味がわいた方はぜひ、お寺に実際に行ってみてはどうでしょうか?
担当も栄福寺に行ってみたいと思いました。あの丘からの眺めを実際に見てみたい。

Text:Naomi Jomori

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.