こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

androp、ニュー・アルバム発売記念!twitterで募集したQ&A掲載中

カテゴリ : キャンペーン 

掲載: 2015年07月09日 17:00

更新: 2015年08月04日 18:50

androp

前作より約1年5ヶ月振りとなるニュー・アルバムが完成。CDデビュー5周年を経て、昨年には初のアリーナ公演を成功させた彼らが、セルフタイトル『androp』として遂にここに結実。なおも進化を続けるandropの“今”が封じ込められた最高傑作アルバムを引っさげ、さらなる新章の幕開けを告げる。現在放送中の三ツ矢サイダーTVCMソング“Yeah! Yeah! Yeah!”をはじめ、昨年放送のTBS系ドラマ「家族狩り」主題歌“Shout”や今年1月~3月に放送されたフジテレビ系ドラマ「ゴーストライター」主題歌“Ghost”ほか全14曲を収録。

初回限定盤はCD+DVD2枚組。DVDには、アルバム収録曲4曲のスタジオライブ映像が収録される。さらに、初回限定盤はandropの心象風景が映し出された特殊パッケージ仕様。

 

line

■androp×タワーレコードライン特別企画オンライン特典対象期間は終了いたしました
1)オンライン特典あり:ここでしか手に入らないandropグッズを抽選でプレゼント!
 A賞)BIG缶バッジ 50名様
 B賞)ステッカー 300名様
※7月31日までにタワーレコードオンラインでアルバム『androp』(WPZL-31063、WPCL-12178)をご注文のお客様は自動的に抽選の対象となります。
※当選者の発表は特典の発送をもってかえさせていただきます。
※特典は商品と同梱してお届けいたします。

2)twitterでandropのメンバーへの質問大募集!(募集は終了いたしました
twitterでandropファンの皆様からメンバーへの質問を募集いたします!タワーレコードオンラインの公式アカウント《@TOWER_Online》をフォローの上、ハッシュタグ《#androp_tol》を付けてつぶやいてください。

厳選した質問とメンバーからの回答は当ページ下部に掲載中!

■タワーレコード 全店及びタワーレコードオンライン
タワレコ特典あり:先着で「one-man live tour "androp"バックステージ招待&タワーレコードコラボポスター 応募ハガキ付ポストカード」をプレゼント!
A賞:one-man live tour "androp"バックステージ招待 各会場5組10名
B賞:androp タワーレコードコラボポスター 100名
※特典満了次第終了となります。
※バックステージ招待にチケットは含まれません。
※コラボポスターの絵柄は後日発表いたします。

line

■皆様にtwitterでつぶやいていただいた沢山の質問の中から厳選してメンバーの皆様に答えていただきました!

――最近興味をもったものや新しくはじめたことはありますか?
前田:全国ツアーの最中に御朱印集めを始めました!場所によって全然違うので集めていて楽しいです!

――ツアーで各地を回った中で、これはおいしい!と感じたみなさんのおすすめご当地グルメを教えてください。
前田:広島で食べたウニクレソン。これ以上に美味いものはないんじゃないかというのがバンドの総意です!

――日頃はなかなか口に出せないメンバーへの想いを教えてください。
佐藤:
内澤くん、たまにはゆっくり寝てくださいね。(いつもいつも寝ずに曲を作ったりしている)
前田くん、たまにはゆっくり飲みましょうね。(前田くんはいつも車で行動している)
伊藤くん、たまにはまた銭湯行こうね。(昔はよく行ってたけど最近行けていない) 

――今回のアルバムは「セルフタイトル」で、一生に一度きりのことだという事にかけて、一生に一度だけ、何でも叶えてもらえる機会がもらえるとしたら何になりたいですか。何をしたいですか。(例:北極で、オーロラをバックにライブをしたい。)
伊藤:スレインキャッスルでライブをしたい。

――今の「androp」を漢字一文字で表すと?
内澤:

新しいandrop
新しいことに挑戦したアルバム
停滞せず常に新しく変わり続けるバンドでありたい

――メンバーに感謝の気持ちを伝えたい瞬間ってどんなときですか。
前田:自分のために真剣になって考えてくれている時に感謝の気持ちが芽生えますね!

――ツアー中のハプニングや、感動したことはありますか?
佐藤:徳島でのオフのとき、メンバーばらばらに行動していたのに全員同じカレー屋さんに集合したこと!(特に連絡取り合っていたわけでもない!)
これがバンドだ(笑)!

――曲を作った時やレコーディングの時と、ライブなどで演奏してみてで1番印象が変わった曲はどの曲ですか?
内澤:“MirrorDance”
ライブで初めてハンドクラップが起きた曲。
レコーディングしてる時は予想していなかった、ハンドクラップやジャンプや合唱という今までとは違うアプローチの仕方で、ライブの楽しみを教えてくれた曲。

――バンドマンになろうと思ったきっかけはなんですか。
伊藤:これといってなろうと決めた瞬間があったわけではありません。
運良く自分が心から好きだと思える作曲者でありボーカルの内澤君やメンバーに出会えたのでandropを続けています。

――5年前の自分(androp/メンバー)に・5年後の自分(androp/メンバー)に伝えたいことは何ですか?
前田:5年前の自分に伝えたいことは、音楽に真摯に向き合って生きていれば必ず良いことはあるよ、と。

――週間休みが取れたら何をして過ごしますか?
佐藤:海外バックパッカー1人旅がしたい!

――小さい時の夢は何でしたか?
伊藤:小学校の時の卒業文集には床屋になりたいと書いてありました。

――39公演のツアーを通して、バンドとしても、メンバー個人のことでも大丈夫なので「変わったな、成長したな」と思うところがあったら教えてください!
内澤:バンド的にも個人的にもですが、今まで経験したことのない過酷な場所もあったり、スケジュールを乗り越えて、精神的にも体力的にも少しくらいのことには参らない不屈な精神力と体力を養えたと思います。

――今回のアルバムのジャケットにはどんな意味が込められていますか?
内澤:透明な球体を通して、アルバム収録曲に込められた一つひとつの想いと、楽曲の無限に広がる希望や可能性をメッセージとして表現しました。

――今年の夏に絶対これやりたい!食べたい!というのはありますか?
伊藤:フェスでandropのライブを観に来てくれたお客さん達を全員満足させたい。

――ライブ前、ライブ後に必ずすることはありますか?
佐藤:ライブ前はメンバーで円陣組んで気合入れ。
ライブ後はライブ中の良かった事悪かったことを話し合う。

androp

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.