こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

伝説のBuddha Brandの活動を筆頭にシーンに絶大な影響を与え続けてきた男、D.L。

掲載: 2015年06月19日 16:59

更新: 2015年06月23日 15:00

D.L

 

伝説のBuddha Brandの活動を筆頭にシーンに絶大な影響を与え続けてきた男、D.L。

Buddha Brandでの活動を筆頭に、当時は Dev Large 名義で MC、プロデューサー、DJ、執筆業など多岐にわたる分野で活躍し、日本の音楽界に数々の金字塔を打ち立ててきたD.Lが2015年5月4日に永眠されました。

ニューヨークからの凱旋帰国後、Buddha Brandでリリースしてきた輝かしい作品の数々、いち早く自らレーベルを起こして若手アーティストの積極的なプロデュースを手がけるなど日本のヒップホップ・シーンに旋風を巻き起こしてきました。レコードディガーとしても定評があり、ヒップホップはもちろん、Soul、Funk、Jazz、Rock、さらには日本の歌謡曲にまで日々貪欲にレコード探求を続け、様々な音楽ジャンルに多くの素晴らしい作品を発表し、ヒップホップのみならず日本の音楽シーンに多大な影響を与えてきました。

謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

そこで、その類まれなる天才音楽家がタワーレコードに残してくれた足跡の一部を、改めて、ここでご紹介させていただきます。是非この機会に、再びご一読していただけたらと思います。


〈2014年アーティスト一番のお気に入りはCD?〉D.L (DEV LARGE)編

 『D.L Presents FREEDOM JAZZ FUNK

 D.L × 井上三太 NO MUSIC, NO LIFE. メイキングレポート (2006)

DEV LARGE THE EYEINHITAE インタヴュー(2005)

 

〈こちらも合わせてどうぞ〉

サイプレス上野のLEGENDオブ日本語ラップ伝説(2008)

第8回 ─ ディグの精神を身につけよ! ~BUDDHA BRAND『人間発電所』ー

くわしくはこちら>>

 

MUROインタヴュー(2002)

プロデュース・アルバム『Sweeeet Baaad A*s Encounter』発売時のbounce誌に掲載されたインタヴュー記事。当時のDEV LARGE、EL DORADOについても語っている。

くわしくはこちら>>

 

ヴィヴァ! カリビアン・ミュージック(2003)
CARIBBEAN GOES TO NY特集

スタジオ〈FUNKY SLICE〉をブルックリンに設立した、YOH Watanabe氏による特集内にブルックリン時代のDEV LARGEついいて語られている。

くわしくはこちら>>

 

そしてゲームは続いていく(2001)
日本のヒップホップ・ミュージック、最初の二十年

2001年時にbounce誌での日本のヒップホップ特集中で、BUDDHA BRANDをピックアップ。

くわしくはこちら>>

 

Buddha Brand

 

 

ソロ、ミックスCD

 

楽曲コンパイル、リミックスワークス、ユニット参加コンピ

 

 

ここからは、残念ながら、現在、廃盤、生産中止等で入手困難な作品です。重要かつ良質な作品ばかりですので、見つけた際は是非聴いてみてください!
ソロ、ユニット作品

 

 

ミックスCD

 

楽曲コンパイル作品

 

D.L PRESENTS HUSTLERS CONVENTION NIGHT

D.L

日時:2015年6月25日(木)22:00~
料金:2000円
会場:SOUND MUSEUM VISION
〒150­0043 渋谷区道玄坂2­10­7 新大宗ビルB1F
http://www.vision-tokyo.com/event/d-l-presents-hustlers-conventios-night
03­5728­2824
20歳未満入場不可

当イベントの、前売りチケットの発売はございません。
当日会場にて、入場料金をお支払い頂きご入場できます。
尚、当日は大変混雑が予想され、入場規制がかかる場合もございますので、お早目のご来店をお薦め致します。

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承ください

〈GAIA〉
22:00〜DJ KENSEI
22:30〜DJ BEN THE ACE
23:00〜DJ WATARAI
23:30〜SOUTHPAW CHOP
00:00〜刃頭

SHOW CASE PART01:
0:25 イントロ/中田亮(オーサカモノレール)
0:30 スチャダラパー
0:40 サイプレス上野とロベルト吉野
0:50 ECD+ILLICIT TSUBOI
1:00
1:05 TOJIN BATTLE ROYAL
1:15 FUSION CORE
1:25 FLICK
1:35 GO FORCEMEN
1:45 GOCCI
1:55 ILLTECNIX/BUDDHA BRAND
2:25 MURO

SHOW CASE PART02:
2:55 DS455
3:05 RHYMESTER
3:15 SUIKEN/DABO/S-WORD
3:30 DJ BAKU + 9SARI GROUP
3:50 KGDR
4:00 KAMINARI
4:10 DJ YUKIJIRUSHI

〈DEEP〉
22:00 DJ VIBLAM
22:25 DISC-O-TECH(DJ SHIMONE/DJ NISSIN/DJ ZAKIM/DJ RED)
23:45 MANDARK
00:10 DJ YANATAKE
00:35 DJ HAZIME
01:00 LARK CHILLOUT
01:30 DJ DENKA
02:00 DJ JIN
02:30 MACKA-CHIN
03:00 KASHI DA HANDSOME
03:30 DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA
04:00 RYUHEI THE MAN
04:30 DJ TUS-ONE

〈WHITE〉
22:00 AZZURRO
22:30 TSUTCHIE
23:00 ECD
23:30 やけのはら
00:00 クボタタケシ
00:30 須永辰緒
01:00 尾川雄介
01:30 黒田大介
02:00 川西卓
02:30 KZA (+ HELL RAISER CARTEL)
03:00 DJ KENT
03:30 1-DRINK
04:00 Roger Yamaha
04:30 DJ Ke-Ta The Disco 9

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.