こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

カテゴリ : キャンペーン 

掲載: 2015年01月06日 09:45

更新: 2015年05月11日 16:30

第4弾アーティストに、UKのプログレッシヴ/カオティック・ハードコアの伝説=SikThが決定!

Sikth

2001年、イギリスはハートフォードシャーにて結成された6人組、SikTh。圧倒的なテクニックを用い、細部まで緻密に計算され尽くしたプログレッシヴ&カオティックなメタル/ハードコアの代表格的存在として華々しく登場した。2003年に『The Trees Are Dead & Dried Out Wait for Something Wild』でデビューするが、メタルコアやスクリーモがアメリカで勃興するなかで登場した彼らは、一気に注目の的に。2004年にはANTHRAX、THE DILLINGER ESCAPE PLAN、KILLSWITCH ENGAGEといった名だたるバンドとの共演で初来日。同年のFUJI ROCK FESTIVALにも出演を果たした。その後2006年に『Death Of A Dead Day』をリリースするも、2008年に解散。それぞれプロデュース業や別バンドでの活動を開始する。しかし近年、PERIPHERYを代表格とする新しいプログレッシヴ・メタルのムーヴメント”Djent”の盛り上がりにより、再評価が高まっていくことを受け、2013年に再結成。

いくつかのライヴをこなした後、日本のCyclamenによる招聘で2014年10月に東京2公演の来日公演を実現。実に10年ぶりの本公演はソールドアウトとなり、熱狂的な盛り上がりの中で幕を閉じた。本作『OPACITIES』は、再結成後初めて制作された9年ぶりの新音源であり、SikThがただの再結成バンドではないことをアピールする快作だ。変拍子、トリッキーなフレーズ、目まぐるしい曲展開はそのままに、よりメロディを生かした作風へと舵を切った、変態的ながらキャッチーな作風。PERIPHERYら新世代をリードするDjentの代表格だけでなく、MESHUGGAHやCYNIC、DREAM THEATER、OPETH等の日本でも人気の高いプログレッシヴ・メタルの大御所、CONVERGEやTHE DILLINGER ESCAPE PLANらカオティック・ハードコアの先駆者たちのファンは必聴の大名盤!!

<来日公演情報>
GrindHouse magazine 15th anniversary special
GrindHouse×KINGSX TOKYO×TOWER RECORDS
FOUR unite ONE

2015年12月16日(水)
大阪・HOLIDAY OSAKA

2015年12月19日(土)
東京・池袋KINGSX TOKYO

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.