こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

〈2014年バイヤーレコメン!〉2015年ブレイクアーティスト予測!

掲載: 2014年12月12日 12:00

更新: 2015年01月14日 11:45

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈J-POP/J-インディー編〉
~2015年はこのアーティストに注目!

せのしすたぁ  『I'm sick too!!!』

2014年もシティポップ再評価が続いたと思いますが、アイドル界においてはEspeciaが正面突破だとすれば、彼女らは言わばカウンターか。曲はそんなポップど真ん中のアプローチなのにライヴは観客と一体となってカオス全開の盛り上がりをみせる、というとかくなんかよくわかんないけどすごいわけで。

 

Shiggy Jr.   『LISTEN TO THE MUSIC』

渋谷系リバイバル、なんて言葉が使われたりしてるものの実際にはそんなものはない、って言っちゃってもいいと思う。で、あるのは単純にそういうエッセンスが染み付いた豊沃な土壌、そんなとこから出てきたのは彼ら。来年のNegiccoのアルバムにも関わってるわけで、そりゃもうブレイクしなきゃ嘘だろ、って感じ。

 

宇宙コンビニ  『月の反射でみてた』

ゲス乙女のブレイクが決定的だったけど、こういう多岐にわたるジャンル貪欲に聴いてきたんだなぁと確信させる音楽性、そしてそれを成立させている確かな技術を持っているバンドってほんと増えたな、という印象。ヘンテコでありながら、えみちょこの声が全体をポップに包んでいるところが魅力か。

 

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈K-POP編〉
~2015年はこのアーティストに注目!

Block B  『Very Good(Japanese Version)』

Blockbuster(=大旋風を巻き起こすもの)というグループ名の由来をもつ7人組のボーイズ・グループ。メンバー自らプロデュースや作詞作曲を手掛けるアーティスティックな才能、その鋭く突き刺さるラップとキャッチーなサウンドに注目!他のアイドル・グループとは一線を画す“悪童”たちが遂に日本デビュー!

 

MAD TOWN  『MAD TOWN: 1st Mini Album』

MBLAQの所属事務所“J.Tune Camp”から5年振りの新人として、激しいサバイバル競争を経て2014年10月にデビューした初のヒップホップ・ボーイズ・グループ。ストリート系のカジュアルさが魅力のヴォーカル&パフォーマンスの実力とビジュアルを兼ね備えた7人組。既に大物を予感させる風格あり!

 

Lovelyz  『Girls' Invasion: Lovelyz Vol.1』

2014年11月に韓国デビューした、INFINITEの所属事務所であるWoollimエンターテインメントがプロデュースした、初のガールズ・グループLOVELYZ(ラブリーズ)。デビュー前から練習生として実力を磨いて来た8人。制服衣装の清純派が2015年にどう進化していくか期待大!

 

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈ロック/ポップ編〉
~2015年はこのアーティストに注目!

Charli XCX  『Sucker』

UKチャート1位のアイコナ・ポップ「I Love It」、全米シングル・チャート7週連続1位のイギー・アゼリア「Fancy」での客演により、注目度マックスのチャーリーXCX。状況が整った絶好のタイミングで今年リリースされるセカンド・アルバム『Sucker』が、大きな成功を収めるのは時間の問題でしょう。

 

Ibeyi   『イベイー』

フランス/キューバ出身の双子姉妹デュオは、英語のみならずヨルバ語も使用した歌詞と、エキゾチックなミニマル・サウンドでデビュー時から注目の的。おまけにルイ・ヴィトンの秋冬キャンペーン用に彼女たちの「Oya」が使用されており、様々なところから熱い視線が注がれている、最もブレイクが期待されているアーティストの1組。

 

Meghan Trainor  『Title (Deluxe Edition)』

ポッチャリ体型について軽やかに歌った「All About That Bass」が全米シングル・チャート8週連続1位を記録した異色の<ぽちゃカワ歌姫>。いくつもの楽器をこなすマルチ・プレイヤーであり、プロのソングライターとして楽曲提供も行う才能の持ち主で、今後の活躍は確実。2015年にはデビュー・アルバムのリリースも控えています。

 

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈ソウル/ヒップホップ編〉
~2015年はこのアーティストに注目!

Bobby Shmurda  『Shmurda She Wrote (EP)』

シングル「ホット・ニガ」のPVに出てくるユル~い“シュマネー・ダンス”を、クリス・ブラウン、ビヨンセ、リアーナといったセレブも披露し大ヒットに!いきなり2014年のヒップホップ・シーンの大注目株として現れた、ブルックリン出身20歳のラッパー“ボビー・シュマーダ”の5曲入りEP!

 

Kid Ink   『マイ・オウン・レーン』

2012年にリリースした『Up&Away』がインディーズにも関わらず、ビルボードでトップ20入り! LAを代表するラッパー・キッド・インクが遂にメジャーデビュー。もともとプロデューサーとして活躍していただけあり、楽曲センスは折り紙つき。メロディックな要素もあるHIP HOPで、メジャー・セールスを十分狙える意欲作!!

 

Jhene Aiko  『Souled Out: Deluxe Edition』

日本の血も引くLA出身のシンガー・ソングライターとして注目を集めているJhene Aikoのフル・アルバム! 2013年の10月にリリースされたEP‘Sail Out'は全米アルバム・チャートで8位、R&Bチャートで1位に輝いている。アトモスフェリックなR&B/ヒップホップ・サウンドで魅了する本作は、彼女の類いまれな才能を証明する内容。

 

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈クラブ編〉
~2015年はこのアーティストに注目!

banvox  『Watch Me Dance<タワーレコード限定>』

あのデヴィッド・ゲッタが「天才的」と評し、各種メディアからも「2014年最大のブレイク候補」と注目されるなど、国内外のエレクトロ・シーンで脚光を浴びるbanvoxの初CDアルバムがタワー限定発売!タフなビートとベース、そして繊細かつ多幸感あるメロディはセンスの塊!世界の若手トラックメイカーと並び称されるべき日本代表、banvoxを強力に推薦します!!!

 

Knife Party  『アバンダン・シップ』

EDM好きにもロック好きにも刺さりまくる鋭いナイフ!あのペンデュラムから飛び出した超絶ダンス・ユニット、ナイフ・パーティーが遂に初フル・アルバムをリリース!すでに話題の"Begin Again"や"Resistance"、"EDM Trend Machine"等々、シンセとベースの狂騒的なきらめきで彩られた昇天必至のエレクトロ・ハウスが耳を切り裂く!2015年もこのギラつく刃に要注意!

 

Nervo  『Inspired』

オーストラリアの美人双子EDMユニット・NERVO(ナーヴォ)!プロデューサーとしてもDAVID GUETTA feat.KELLY ROWLANDのグラミー獲得の大ヒット曲「When Love Takes Over」の作曲など、メジャーシーンを席巻しているEDMの中でもトップクラスの人気と知名度を誇る彼女たち。本作はいよいよ登場した本格的なフィジカル・リリース!

 

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈ジャズ編〉
~2015年はこのアーティストに注目!

Edda Magnason  『ストックホルムでワルツを オリジナル・サウンドトラック』

本国スウェーデンで数々の映画賞を受賞した、国民的シンガー、モニカ・ゼタールンドのサクセス・ストーリーを描いた映画『ストックホルムでワルツを』に主演し、見事な歌唱を披露する女優/シンガーのエッダ・マグナソン。ブルーノート東京での来日公演も決定し、日本でもジャズ・シンガーとして注目を集めつつあります。

 

Rinbjo  『戒厳令』

国際派女優・菊地凛子=音楽家名Rinbjo(リンビョウ)として、菊地成孔のプロデュースによりアルバム『戒厳令』でデビュー!ミュージシャンとしてどんな魅力を見せてくれるのか、女優だけにとどまらない才能に大きな期待が集まります。

 

かららん  『若くて青い』

既にピアニスト/キーボディスト/コンポーザーとして高い人気を誇る桑原あいのトリオとは別の音楽プロジェクトト。桑原あいは先日のモントルー・ジャズ・ソロ・ピアノ・コンペティションin川崎で第1位に輝き、本国スイスでのコンペに出場が決定。日本のみならず、海外でもさらなる活躍が期待されます。

 

 

★バイヤーが選ぶ2015年ブレイクアーティスト予測〈映画/ドラマ編〉
~2015年はこの俳優に注目!

土屋太鳳

2015年3月30日から放送予定、連続テレビ小説「まれ」のヒロインに決定している土屋太鳳(つちや たお)。すでに「花子とアン」でヒロイン花子の妹を演じていたが主演は初めて。2014年大ヒットした「るろうに剣心」でも主役の佐藤健に負けないアクションを披露し、アクションが出来る女優としても見どころがある!

 

森川葵

ドラマ「ごめんね青春!」や、衝撃作として話題になった「渇き。」、「劇場版 零~ゼロ~」と出演作が続く、森川葵(もりかわ あおい)。2015年も第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に選ばれた「チョコリエッタ」「おんなのこきらい」に主演。可愛い雰囲気からは想像できないほどの演技を見せた「渇き。」は必見。

 

高畑充希

「HK/変態仮面」「女子ーず」に出演し、さらに2014年12月20日公開、フジテレビジョン開局55周年記念作品「バンクーバーの朝日」にも出演が決定している高畑充希(たかはた みつき)。2015年もドラマ「問題のあるレストラン」に出演。みつき名義にて歌手デビューも果たしている。女優、歌手ともに目が離せない!

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.