こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

〈timeless records/SOLID〉ストレイト・リイシュー第4弾!

掲載: 2014年10月29日 12:00

更新: 2017年03月09日 10:00

Timeless Records

アート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズに神童ウィントン・マルサリスが加わった最後の黄金時代を支え、ファラオ・サンダース、ルー・ドナルドソン、チェット・ベイカーら数多くの名盤を発表したオランダの名門〈Timeless〉レーベルのマスター・ワークスのストレイト・リイシュー第4弾!

line

〈Timeless Records〉とは
1975年にオランダのプロデューサー、Wim Wigtによって立ち上げられたタイムレス・レコード。発足当初からアート・ブレイキーやシダー・ウォルトン、ファラオ・サンダースらアメリカ人ジャズマンのレコード制作を積極的に行い、オランダをヨーロッパ・ジャズの拠点の一つにまで押し上げた。 1970年代後半、ニューヨークで不遇の時代を過ごしていたアート・ブレイキーに録音の機会を与え、神童ウィントン・マルサリスが加わり 再び大ブレイクを果たしたジャズ・メッセンジャーズのホームとなった。また、日本では当時ニューヨークをベースにしていた日野皓正とデイヴ・リーブマンとのアルバムが大ヒットした。トミー・フラナガンやハーマン・フォスター、エンリコ・ピエラヌンツィらピアノ・トリオ作品にも力を入れているが、ピアノ・ファンにはビル・エヴァンスのラスト・トリオのライヴ作品を発表した事でも知られるレーベルだ。1970年代後半のニューヨークのジャズ空白時期を埋めるかのように、ルー・ドナルドソンやジョニー・グリフィン、ジョージ・アダムスら多くのアメリカ人ジャズマン達の名作を発表している名門レーベル。また、地元オランダのジャズ・ミュージシャンや、ジャズ以外にもブラジル音楽、ラテン・ソウルの名盤をリリースしているオランダを代表する名門レーベル。

〈タイムレス・オリジナル・アルバムズ・ストレイト・リイシュー〉
第1弾(2015年3月18日発売)はこちら>>
第2弾(2015年6月17日発売)はこちら>>
第3弾(2015年9月16日発売)はこちら>>

※スマートフォンでご利用のお客様は「続きをPC表示で見る」よりお進みいただくと、〈関連商品〉にてリリース一覧をご確認いただけます。

記事ナビ

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.