海外発送/販売代行サービスのBuyee(バイイー)

こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

旅音楽~クラブ・ミュージック&ワールドミュージック編~

掲載:

★旅音楽~クラブ・ミュージック&ワールドミュージック編~

お気に入りの音楽やお手軽なコンピを旅のお供に持って行くのも良いですが、タワレコ・スタッフ厳選のオススメアルバムを今回の旅のお供にしてみてはいかがでしょうか?バイヤー自身が実際持っていきたいアルバムを自信を持ってオススメしてます!あなたにピッタリの1枚を探しては。

DJ Harvey『XLAND RECORDS presents XMIX 01』

旅にも色々ありますが、こちらは脳内旅行向けの極彩色のミックスCD。ハウスをベースにダブやディスコ、テクノを飲み込んだサイケかつワイルドなミックス・ワークにトバされること必至。日常の時間軸を歪ませる危険な吸引力のモノ凄さに関しては保証します。


 

Carlos Nino & Friends『アクエリアス』

生演奏素材の上に、緻密なサンプリング、ループ、エディットを施して構築された一大サイケ絵巻がこちら。アンビエントな内容ながらも、音の粒ひとつひとつはいちいち刺激的かつイマジネーション豊か。内的冒険、内省、瞑想、そしてリラクゼーションを生み出すサウンドとなっています。

 

Jeff Mills『Fantastic Voyage<初回生産限定盤>』

『メトロポリス:サウンド・トラック』プロジェクトに始まる、ジェフ・ミルズのシネミックス作。我々日本人に馴染みの深い「手塚治虫」の名前もインスパイア・リストに見られる作品です。2枚組全24曲に渡って、タイトル通りに架空の映画を観ているかのような“旅”が味わえる本作を聴きとおしたとき、そこには見たことのない風景が!?

 

Quantic & His Combo Barbaro 、 Alice Russell『ルック・アラウンド・ザ・コーナー』

無国籍な音楽性が楽しい!の一言。本格的なソウル&ブルースにゴルペルやフォーク・ミュージックのニュニュアンスを融合したフレッシュなサウンドに、コンボ・バルバロがラテンのテイストを加えた本作は、アリス・ラッセルのハスキーでジャージーな歌声も含めて最高にゴキゲンな1枚。ベタですけども、やはり中南米方面へ旅したくなりますねぇ。

 

Zaz『モンマルトルからのラブレター デラックス・エディション [CD+DVD]』

21世紀のエディット・ピアフと評される、フランスでもっとも期待されている自作自演シャンソニエが放った大ヒット・デビュー・アルバムにDVDが付いたプレミアム盤。路上ライヴで培った実力と圧倒的な歌唱力は、ワールド・ミュージック・ファンのみならずジャズ、ロック・ファンにもアピール可能。フランスの地から届けられたオーガニック・ミュージックの瑞々しさに触れていると…ベタですがフランス方面へ旅したくなりますねぇ。

 

Inna Modja『Love Revolution<限定盤>』

伝説のアフリカン・ミュージシャン=サリフ・ケイタが発掘したアフリカはマリ出身、パリ在住の女性シンガー・ソングライター=インナ・モジャのセカンド・アルバム。ジャンルも国境も言語(曲によってはフランス語と英語の歌詞がごちゃまぜになることも)も全てを超越した彼女のカラフルなサウンドを聴いてると、行き先を決めずに速攻で羽田空港に走りたくなります。

 

Steen Rasmussen Quarteto『イン・サンパウロ・フィーチャリング・マルシア・ロペス・アンド・ファビオ・カドーリ』

北欧ブラジリアン・シーンきってのピアニストが放った透明感溢れる、究極のモダン・ブラジリアン・ジャズ作品。なんといっても注目は、カエターノも絶賛する女性シンガー、マルシア・ロペスがメイン・ヴォーカルに起用されていること。これがもう本作のムーディーな色調を決定付ける素晴らしさ。北欧と南米が繋がった先に現出した美しすぎる風景に慄然とする一枚。

 

 

DJ KGO aka Tanaka Keigo『Couleur Cafe "BRAZIL" Presents LIVING JOURNEY BOOK+MUSIC』

コーヒーがおいしくなるカフェから生まれた大ヒット・ボサノヴァ・カヴァーMIX CDシリーズ最新作。70~90年代のポップス、ソウルのヒット曲を心地よくカヴァー、他コンピを圧倒する定番シリーズだけに安心の内容保証盤。付属のオシャレなブックを片手に聴けば、手軽に旅行気分が味わえますが、休みの取れない自分に地団駄を踏むことにもなりますのでご注意を!

 

Carlos Aguirre Grupo 『Carlos Aguirre Grupo : Violeta』

アルゼンチンに行きたい…そんなストレートな感想がふと漏れてしまう現代アルゼンチン音楽の最重要人物の本作は、都会の喧噪から離れた地点から幽玄の音世界が聴こえてくる余りに美しく甘美な一枚。流麗なハーモニーが紡ぐ至上の音世界に身を委ねていると、旅っていうよりこのまま消えてしまいたい危険な妄想が頭をもたげてきて困る。。

 

 

The Cinematic Orchestra『ザ・シネマティック・オーケストラ・プレゼンツ・イン・モーション #1<期間限定盤>』

映像に生演奏で音を付けていくライブ・パフォーマンスで実演した楽曲を、新たにスタジオで再録音した音源。いずれの収録曲も斬新かつアヴァンギャルドな映像作品からインスピレーションを得て制作されており、彼ら独特のモダニズムと美しいサウンド・スケープの魅力が最大限に映し出されている。クラシカルなジャズからLAビート・ミュージックまでを繋ぐまさしくシネマティックな楽曲群には、現実から遊離していく刺激的な旅が待っている。

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.