こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

大手ヘヴィ・メタル・レーベル「NUCLEAR BLAST」特集!

掲載:

NUCLEAR BLAST

今年6月、大手ヘヴィ・メタル・レーベル-NUCLEARBLAST(以下、NB)が、日本コロムビアと包括契約を結び、コンスタントな新譜リリースを重ね話題となっている。常に的確な選球眼でシーンを牽引してきたNB作品レパートリーの“良質さ”は、コロムビアからリリースされている一連のタイトルにおいても際立っている。コロムビアの制作担当ディレクターに、NUCLEAR BLASTというレーベルの在り方と、その魅力について解説してもらった。

 

NUCLEAR BLASTは1987年ドイツに設立され、現在ではアメリカ、ブラジルにも支社を持つ、世界最大規模のインディ・レーベルです。レーベル発足時はアグノスティック・フロントなど、ハードコア要素の強いアーティストの作品を発表していましたが、90年代から徐々にメタル色を強め、現在に至っています。90年代前半というと、アメリカでのニルヴァーナの大ブレイクをきっかけにして、アリス・イン・チェインズ、サウンドガーデンなどの、いわゆる“シアトル系オルタナティヴ”が世界を席巻していた時期で、日本ではHR/HMの供給国としての役割が一時的に麻痺していたといえます。その一方で、NBは“日本人のテイストに合った”HR/HMサウンドを具現化するバンドを多数抱えていて、“需要と供給”のバランスが見事にマッチしていました。NBの日本における役割と評価はこの時期に確立したと言って良いでしょう。その後、2000年代にかけスリップノット、ドリーム・シアター、アヴェンジド・セヴンフォールドといった新世代のバンドがアメリカを中心に次々出現するようになるのと同時に、欧州も含めたHR/HMシーンも非常に複雑な細分化の道を辿って行きます。そんな中、NBのレパートリーはその“細分化”の先端を行く一方、ラインナップの守備範囲は他のレーベルと比べても実に幅広い。非常にコア色の強いものから、世界中でその名を轟かせるベテラン~ニュー・カマーまで、リスナーの耳に一番カッコ良く響く旬のサウンドを見極めるセンス、そして、その作品を欧州からアメリカの巨大な市場まで浸透させるマーケティング、それがNBが一流レーベルたる所以といえるでしょう。それでは、6月から我々がリリースしてきたNBのアイテムを、いくつかにカテゴライズして紹介していきましょう。NUCLEAR BLASTというレーベルの限りなき“ヘヴィ・メタル愛”を感じてもらえれば幸いです。 

 

シーンを揺るがす~ニューカマー系~

 

 

ビルボードTop 200アルバムの50位に新作『This Is Where It Ends』を送り込む快挙を成し遂げたばかり! 現在アメリカで急速に注目を集めているNBの新世代筆頭です。

 

 

 

才能あるバンドを各国から発掘するNBですが、ポーランド出身の彼らも成功を手中に収める寸前と言って良いでしょう。中心人物であったヴィテックの事故死から4年、残された兄ヴォッグを除いたメンバー全てが刷新されたにもかかわらず、新作『Carnival Is Forever』で聴けるサウンドは更に破壊力を増大させています。

 

 

 

イタリア出身、今年NBよりデビュー。8月末に、アメリカを始め世界で開催されるパッケージ・ツアー“Summer Slaughter”から凱旋。イタリア出身のバンドがこれだけの注目を浴びるのは実に異例といえます。

意気盛ん~ベテラン系~

 

 

80年代伝説のシアトリカル・メタルの帝王、ヘル。過去、レーベル倒産やメンバー自殺など、相次ぐ悲劇を乗り越え20年越しのデビュー・アルバムでヨーロッパを震撼させ、メディアが絶賛の声を惜しみませんでした!

 

 

 

ナパーム・デスのシェーン・エンバリーを中心に結成。実に9年ぶりとなる新作『Necropolis Transparent』をリリースし、11月には待望の再来日公演が決定!

コアな輩のマストな一枚~変化球系~

こってりメタルがお好きな貴兄にはスウェーデン産の男臭さ溢れまくるサバトンはいかがでしょうか?“War Metal”とカテゴライズされる非常に特殊なジャンルでありながら、母国チャートでは1位を獲得するほどの知名度を誇っています。また、「テクニカルにも程がある!」テクニカル・デスの権化オリジン、CKYのデロン・ミラーがディヴァイン・ヘレシーのティム・ヤンと結成したワールド・アンダー・ブラッドなど、“いかにもNB”なデス系も勿論健在。「我こそは」とハーコーを自負するなら必携のアイテムたちです!

 

 

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.